これからどうする 未来のつくり方
作者名 :

1巻配信中

価格 2,052円 (税込)

将来の展望を描きにくくなっている今、読者に広く呼びかけたいと思います。私たちはこれからどこへ向かうべきか、何を大切にしていったらよいのか、議論を始めようではないか、と。政治・経済・文化・社会・科学技術など、さまざまな分野で活躍する228人が、「これからどうする」を真剣かつ大胆に提案します。

ジャンル
出版社
岩波書店
ページ数
674ページ
電子版発売日
2013年08月09日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

これからどうする 未来のつくり方

Posted by ブクログ 2016年02月14日

「これから私たちはどうすべきか」を10の分野で、228人の識者が縦横に論じるもの。いやいや、モノゴトにはいろいろな切り口、分野、考え方があるものだ。

このレビューは参考になりましたか?

これからどうする 未来のつくり方

Posted by ブクログ 2013年12月20日

228人の方の提案 なので 面白い物やハッとさせられる物もあったり・・ 同じページ数でも なんだかよくわかんない物もあり・・・
個人的には養老孟司さん 赤川次郎さんの提案(?)が 興味深かったです。 

このレビューは参考になりましたか?

これからどうする 未来のつくり方

Posted by ブクログ 2013年11月03日

各氏2~3Pの短文の中に、各分野から見た”世界の今、そしてこれから”が凝縮して述べられていておもしろい。多くの論者に共通するのは、今が歴史的な転換期にあるという認識、”成長信仰”からの脱皮を訴える点。
内田樹氏、山口二郎氏、加藤節氏、土井隆義氏、湯浅誠氏の論考が印象に強く残る。
そして辰濃和男氏、「...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

これからどうする 未来のつくり方

Posted by ブクログ 2016年06月13日

高名な学者様の文章は、人に理解されないことをもって良しとするのか。苦行難行の読書だ。修行と考え最後まで読んだものの理解不能だ。

このレビューは参考になりましたか?