その男の本性、狂気か。

江戸のかたぎ長屋にやってきた浪人・瀬能宗一郎。ある日、彼のもとに侍の集団が押しかけてきた。道場破りをされた恨みをはらすべく果たし合いを申し込んできたのだ。宗一郎は、彼らを抜刀することなく撃退してしまう。その際に、隣の家に住む大工の息子・勘吉は、宗一郎が腰に差している刀が、竹べらに銀箔を捲いた竹光であることを知ってしまう。
勘吉は、この怪しい浪人の秘密を探ろうとつけ回すのだが、宗一郎にはいつも尾行がばれてしまい、次第に二人は仲良くなっていく。
一方、辻斬り事件が相次ぎ、宗一郎に疑いがかけられる中、宗一郎をつけ狙う凶悪な剣士があらわれた。
瀬能宗一郎とは何者か。なぜ竹光なのか。その本性は、凶器か狂気か。
侍とはいえ、刀を抜くことすらなくなった平和な時代。それでも剣に憑かれた男たち。彼らの行く手に待ち受けるのは、闇か光か。
「こんな娯楽をやりたくて原作をお願いした」漫画表現の最先端を走る松本大洋初の時代劇『竹光侍』。その原作者による書き下ろし長編時代小説シリーズ第一弾。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
288ページ
電子版発売日
2013年08月09日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 小説 竹光侍(一)
    通常版 1巻 615円(税込)
    その男の本性、狂気か。 江戸のかたぎ長屋にやってきた浪人・瀬能宗一郎。ある日、彼のもとに侍の集団が押しかけてきた。道場破りをされた恨みをはらすべく果たし合いを申し込んできたのだ。宗一郎は、彼...
  • 小説 竹光侍(二)
    通常版 2巻 615円(税込)
    竹光侍とは、何者なのか? 神田界隈で、辻斬り事件が横行していた。 下手人と目されたのは、かたぎ長屋に住む浪人・瀬能宗一郎だった。 嫌疑を晴らすため、長屋の大家で元岡っ引きの与左衛門、そして旗本...
  • 小説 竹光侍(三)
    通常版 3巻 615円(税込)
    二匹の剣鬼は、いかにして生まれたのか。 竹光差しの浪人・瀬能宗一郎を執拗につけ狙う刺客請負人・木久地は、50人もの捕り方に包囲され、小伝馬町の牢屋敷に入れられた。 平穏を取り戻した宗一郎は、お勝...
  • 小説 竹光侍(四)
    通常版 4巻 658円(税込)
    松本大洋の人気コミック原作、ついに完結! 自らがおこした牢獄での小火騒ぎをきっかけに脱獄した木久地は、瀬能宗一郎暗殺を命じながら自分を売った水内藩の武士たちに復讐をはじめた。 木久地の動きにい...

小説 竹光侍(四)

Posted by ブクログ 2012年07月15日

作者が語るように、これは時代劇小説で、痛快ファンタジーでした。宗一郎の飄々とした立ち振る舞いがすてきです。やっぱ時代劇は一件落着めでたやめでたやで終わるのが一番いい。

このレビューは参考になりましたか?

小説 竹光侍(一)

Posted by ブクログ 2011年12月12日

松本大洋によって漫画化された原作のノベライズ。池波正太郎や山本一力の世界観とは全く違う、重くない楽しい笑える、そんな楽しい時代小説。言うなればライト時代ノベルって感じかな。

このレビューは参考になりましたか?

小説 竹光侍(一)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月06日

漫画を読んで、話がいまいと判らなかったので、小説を読んでみました。
話が重くもならず、不思議な面白さがあります。

このレビューは参考になりましたか?