子どもの自尊感と家族 : 親と子のゆっくりライフ
作者名 :

1巻配信中

価格 1,944円 (税込)

歴史的・構造的に発生している現代家族の困難。でもその中でも、子どもがいきいきと育ち、ともに生きるしあわせを実感できる家族とは、どのようなものでしょう?親ができる工夫と努力を、一緒に考えてみませんか。

ジャンル
出版社
金子書房
ページ数
198ページ
電子版発売日
2013年09月13日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

子どもの自尊感と家族 : 親と子のゆっくりライフ

Posted by ブクログ 2010年02月23日

汐見先生の本にはこれまでも大変お世話になっている。すぐにうろうろと迷いだす愚かな親の進むべき道を照らしてくれる。「親・保護者が子どものためと称してあれこれレールを敷き、それに上手に乗ると評価し、乗れないとがんばれがんばれと励ますという形の育児から脱皮する決意が必要」。そうだ。そうなのだ。

このレビューは参考になりましたか?