ピーター・ドラッカーが「企業に不可欠な機能はたった2つ。マーケティングとイノベーションだ」と述べたことはよく知られているが、ドラッカー自身がマーケティングに関する著作や系統だった論文を残さなかったため、その具体的な考え方を理解する人は少ない。本書はドラッカーの教え子だったビル・コーエンが膨大な数の論文や寄稿、講義記録をつぶさに調べ上げ、マーケティングに対するドラッカーの見解を体系的にまとめた1冊だ。
コーエンはマーケティングに関するドラッカーの言葉を体系化しただけでなく、現代的な意味をより明瞭にするため、企業事例をふんだんに盛り込んで、読者に分かりやすく、面白く解説している。

ジャンル
出版社
日経BP社
ページ数
400ページ
電子版発売日
2013年08月02日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰

Posted by ブクログ 2014年07月01日

「ウェストポイント式仕事術」等のベストセラ-作家が書いたドラッカ-をマ-ケティング的視点で語った本です。ただドラッカ-の語るマ-ケタ-とは日本人の考える狭い意味でのマ-ケティング活動に従事人のことではなく、むしろ経営そのものをマ-ケティングと語っていますので、本書の内容は企業経営全般に関わる内容にな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰

Posted by ブクログ 2014年05月28日

ドラッカーの本を直接読むと、意味を読み解くのに苦労することも多いですが、この本は著者がドラッカーの考えを読み取り、伝える形になっているため、理解しやすい1冊だと思います。

このレビューは参考になりましたか?

ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰

Posted by ブクログ 2014年04月13日

 本書はピーター・ドラッカーに師事したウィリアム・コーエン氏がドラッカーのマーケティング論を編纂し、解説したものである。原題は「Drucker on Marketing」であるのに、日本語訳のタイトルを「マーケターの罪と罰」としたのは出版社のミスリードと言わざるを得ない。本来は「ピーター・ドラッカー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰

Posted by ブクログ 2014年02月06日

著者は元空軍少将。ドラッカーに直接学んだ方。

事業の目的は顧客創造。
マーケティングとは顧客から見たビジネスそのもの。
企業の機能はマーケティングとイノベーション。
まずは戦略。
イノベーションの7つ機会の紹介。
予期せぬこと、ギャップの存在、ニーズの存在、産業構造の変化、人口構造の変化、認識の変...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰

Posted by ブクログ 2013年11月24日

■マーケティング

A.ドラッカーによれば、企業の正当な目的はただ1 つ、「顧客の創造」である。なぜなら、顧客は企業の基盤であり、顧客が企業を存続させている。顧客のみが雇用を生み出してくれる」からである。

B.ドラッカーは、将来を知る方法を見つけるため、次の2 つの仮説を立てた。
1.未来は知り得...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰

Posted by ブクログ 2013年08月01日

マーケティングはリーダーシップ(ドラッカー)
<8つの普遍的原則>
1.絶対的な誠実さを維持すること
2.自分の資質を知ること
3.期待する成果を明言すること
4.並外れたコミットメントを示すこと
5.良い結果を期待すること
6.人を大事にすること
7.自己より義務を優先すること
8.先頭に立つこと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰

Posted by ブクログ 2014年09月03日

ピーター・ドラッカーが語ったマーケティングについての話を教え子の人が体系化し、企業事例を元に解説しています。失敗事例も入っているので読みやすいです。ドラッカーのマーケティングに関する考えを知れます

このレビューは参考になりましたか?

ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰

Posted by ブクログ 2013年08月15日

マネジメント以外の分野でのドラッカーの考えを知る事は大変興味深いものであった。ここに記されているマーケティング論はユニークなものといえる。例えばマーケティングと販売は同じてはなく、ときに対立するという点。また彼はマーケティングとイノベーションを分けてとらえていて、企業の目的が顧客創造である以上、企業...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?