半導体工場のすべて

半導体工場のすべて

作者名 :
通常価格 2,178円 (1,980円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本の半導体産業40年の英知をまとめた決定版が登場。「工場」の切り口から解説することで、読者は従来の「しくみ」だけでなく、ヒト、モノ、カネ、情報も加えた総合的な形で半導体を理解できる。エピローグとして「『日の丸半導体』復活に向けての処方箋」も収録。半導体に限らず全製造業関係者、必読の1冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2013年08月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
25MB

半導体工場のすべて のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年10月10日

    半導体工場のプロセスの詳細を、現場目線で書いてある良著。昨今の半導体微細化によるプロセス刷新に対応するためには必読。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月14日

    半導体の仕組み、じゃなくて工場に絞ってあるのが特徴。必要な設備、薬品やプロセスの複雑さ、あらゆるエンジニアリング能力が半導体工場では必要な理由がわかる。
    シリーズに「自動車工場のすべて」もあります(加藤洋)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月15日

    おそらく元NECの半導体部門出身者による半導体製造の紹介本。取っ組みにくい半導体の製造プロセスだけでなく、製造工場、歩留まりなど工場での製造における実情についてもわかりやすく説明している一冊。
    半導体業界への理解が中途半端なため、インプット用に購。導入本ではあるが、製造工場の内情についても詳細に触れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月15日

    半導体製造装置のメーカーであるクライアントがあるので、

    勉強しようと思って読んでみましたが、専門過ぎて日本語を読んでる感じではありませんでした。

    が、分からない専門用語はなるべく調べつつ読み進めました。

    半導体工場の全体像が大まかにですが理解でき、大変勉強になりました。



    最終章は、「『...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月05日

    参考になりました、って感じかなぁ。
    思ったより面白く読めたのは、工場見学チックな、他にはない視点のおかげか。
    最後の提言の章は、なくてよかったかな。半導体に限らない一般論にしか聞こえなくて、だからどうすればいいの?が結局不明確。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月12日

    著者は元NECのプロセス屋さん。
    半導体集積回路(LSI)の製造方法、原材料、減価償却、レシピ作り、作業員の服装、歩留り管理、今後のあるべき姿についてまで語った盛りだくさんの内容。
    著者がプロセス屋なので仕方ないが製造方法についての解説が多数を占め、回路設計についてはあまり語られていないのが残念。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング