世界は宗教で動いてる

世界は宗教で動いてる

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

世界を読み解くには、宗教が最大の補助線になります。ヨーロッパ人もインド人も中国人も、当人たちは意識していなくても、長い歴史を経たキリスト教、ヒンドゥー教、儒教の発想や行動様式に支配されています。宗教を理解すれば、グローバル世界を読み解く最大の鍵が手に入るのです。――世界の宗教について比較研究を行ってきた著者が、主要な文明ごとに、社会と宗教の深いつながりをわかりやすく解説!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2013年08月02日
紙の本の発売
2013年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

世界は宗教で動いてる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年04月15日

    世界の代表的な世界観を4つ紹介してくれる。唯一神・ヒンドゥー・中国・日本の4つだ。それぞれの歴史的背景について概要を知れる。内容をざっくり2つに分割すると、西洋思想と東洋思想に分けられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月01日

    「宗教には、『自分とは何なのか』という問いが、凝縮されている。人間として生まれただれもが、避けて通ることのできない問いである」(「まえがき」より)

    ヨーロッパ文明とキリスト教。

    宗教改革とアメリカの行動原理。

    イスラム教は本来、平和のための宗教である。

    カーストは本質的に平等ーーヒンドゥー教...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月07日

    そこにあったあらゆるものが絡み合って今を形作っている、というのがよくわかる

    中国はもしかしたら今の日本からは攻めてこないと思っていて(物理的な距離があるから)それよりも政治を確立させるのを重視して日本バッシングをしまくってる、ということもあるのかなぁと思った

    世界から見ると日本は異質な方にはいる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月16日

    世界の主要な宗教についてが成り立ちから概説し、その宗教が現代の社会にどのような影響を与えているか考察している。儒教を宗教と考える理由、中国仏教、日本仏教がインド仏教から大きく変質している点等興味深い指摘が満載である。世界を理解するための基礎教養が得られる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月20日

    宗教知識ほぼ0の私でも面白く読めた。

    再読する。

    イスラエルとアメリカの共通点とは?なぜ仲がいいのか。

    お祭りの目的とは?

    最近耳にする、立正安国論とは?

    南無阿弥陀仏と南妙法蓮華経の違いとは?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月14日

    各宗教の考え方がわかりやすくまとめられている.
    キリスト教が,政治や経済とどう関わって来るか等,生活と宗教の関わり方がわかりやすかった.

    一神教では,Godが「無」から世界(自然やヒト)を作った.よって,ヒトは神に「造られた」存在.
    対して日本では,「造られた」という感覚がない.自分は「自然に生ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月04日

    キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教、儒教、神道など世界の宗教をみていきながら、それらがどのように、人々の思考形態を形作っているかをみる本。いかに、世の人びとは宗教に影響されて(それも大いに)、社会を作っているかがわかります。なぜ、日本は近代化をスムーズに行えたのか。本書では別な説明がなされて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月07日

    世界の宗教の比較研究で有名な著者による、宗教と社会や文明との関係を解説した一冊。キリスト教やイスラム教をはじめとして、世界の主な宗教の成り立ちや、それらの宗教が発展する過程において社会に及ぼした影響などが、慶應丸の内シティキャンパスで行われた講義をもとに、わかりやすく紹介されている。

    プロテスタン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月19日

    一神教(ユダヤ・キリスト・イスラム)からヒンドゥー、仏教、儒教、そして日本の宗教まで、ざーっと一望できる一冊。
    宗教の話って、比較文化論的に見ないとなかなか分かった気にならない。その点、橋本先生に俯瞰的な視点から解説してもらうとものすごく良く分かります。
    世界の宗教の特徴について分かるのはもちろんで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月06日

    「…以上、ここまでの結論。」とぐいぐい進んでいく、「イッツアスモール宗教ワールド」!なるほど、国でもなく、人種でもなく、政治体制でもなく、70億人をアソートするメガネは宗教でした。「なにを信じるか?」というより「どう考えるか?」のタイプ分けなので、現在起こっていることとのシンクロが半端ない、と思いま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています