深い山奥にあるナゾの村を舞台に、時空を超えて往還する二人の少年。
家族や社会のひずみに翻弄されながら、困難に立ち向かう姿を描く、ホラー・ファンタジー。

ジャンル
出版社
毎日新聞出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2013年09月27日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • ミヤマ物語 第一部
    通常版 1巻 648円(税込)
    深い山奥にあるナゾの村を舞台に、時空を超えて往還する二人の少年。 家族や社会のひずみに翻弄されながら、困難に立ち向かう姿を描く、ホラー・ファンタジー。
  • 結界の森へ ミヤマ物語 第二部
    通常版 2巻 648円(税込)
    運命の糸に導かれた二人の少年ハギと透流は、殺されかけたハギの母を救うため、得体の知れない闇の世界「ウンヌ」へと旅立つ。
  • 偽りの支配者 ミヤマ物語 第三部
    通常版 3巻 648円(税込)
    全三部作いよいよ完結! 散りばめられた謎が次々と明らかに。 固い表情で結ばれたハギと透流の運命は? ウンヌの支配者“ミドさま”の正体とは? <目次> 第一章 母の決意 第二章 マノモノの夢 第三章 ハギに...

ミヤマ物語 第一部

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年11月05日

社会の最下層で,母子が互いを誇りに寄り添う姿に心打たれます。

後半に,裏表紙のイタチと表紙の意味がわかりました。

このレビューは参考になりましたか?

結界の森へ ミヤマ物語 第二部

Posted by ブクログ 2012年03月04日

第二部。でもまだまだ話は始まったばかり感(いい意味で)。
ウンヌの世界、厳しい身分制度のある世界でハギより身分が上でも、ちゃんとした大人がいるんだ、と。
ああ、第三部もまた3年かかるのかしら。。。

このレビューは参考になりましたか?

結界の森へ ミヤマ物語 第二部

Posted by ブクログ 2011年12月15日

透流がどんどん成長している
ハギ・透流、頑張れ!
と応援しているうちに、この巻も終わり、次が早く読みたいよー

このレビューは参考になりましたか?

ミヤマ物語 第一部

Posted by ブクログ 2011年12月08日

一冊丸々導入部分といった感じです
これからのストーリーは全くよめませんが、面白くて一気に読み終えてしまいました

このレビューは参考になりましたか?

結界の森へ ミヤマ物語 第二部

Posted by ブクログ 2011年11月22日

今回も一番の盛り上がりで続きへ!!

ハギの「年寄り論」すごくいいなぁ。
私もそう思ってもらえる様努力しなければ・・・

このレビューは参考になりましたか?

ミヤマ物語 第一部

Posted by ブクログ 2011年07月12日

毎日小学生新聞で連載中のファンタジー。ほのの大のお気に入り。
子ども向けと侮るなかれ。物語は壮大で、かつ人間たちの生々しい生き様が語られています。自分が持っている価値観と全く違う世界。その中で主人公がどう成長していくのか。続きが楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

ミヤマ物語 第一部

Posted by ブクログ 2009年10月08日

ホラーって事でしたがそんなに怖くなかったですね。
最初読んでるときはすごく不思議な気持ちでした。
ファンタジーにも近い気がします。
第一部ってことは続きがあるんですかね。
あるなら是非読みたいです。

このレビューは参考になりましたか?

ミヤマ物語 第一部

Posted by ブクログ 2009年01月09日

そこがどんな世界なのか何も説明がなく、読んでいくうちに、これは人間ではないものの世界だと気づく。同時に人間の男の子の物語も進行し、「ウンヌ」という言葉が二つの世界を結びつけ、クロスした時・・・! ああ、こんなに盛り上がったのに、第一部はこれで終わってしまったのです。続きが読みたくて読みたくて・・単行...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

結界の森へ ミヤマ物語 第二部

Posted by ブクログ 2015年02月17日

透流はハギの母を救うため、二人して再度『ウンヌ』向かう。

階級制の厳しい世界の最下層で、苦役に喘ぎながらも強く生きているハギと知り合い、いじめにあって不登校になっていた都会っ子透流も、次第に強くなってゆく。

このレビューは参考になりましたか?

ミヤマ物語 第一部

Posted by ブクログ 2015年02月17日

突き抜け過ぎてるファンタジーは苦手だが、こういうのは好き。

森の夜の世界『ウンヌ』についての部分は、ひんやりとした独特の感触がある。
ウンヌのハギと現代の都会っ子透流が出会って、これからの展開が楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?