消音銃(サイレンサー)をこよなく愛する女性刑事・桂木静。彼女の配属先は警視庁の吹き溜まり・生活安全課“分室”。相方となったのは、警視庁随一のクセ者・伊波健也。お互いに足を引っ張り合うという不思議なコンビがここに誕生した。毒をもって毒を制すをポリシーに、彼女の愛銃は今日も静かに火を吹く---

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスペリオール
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年08月08日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • SILENCER(1)
    完結
    通常版 1巻 594円(税込)
    消音銃(サイレンサー)をこよなく愛する女性刑事・桂木静。彼女の配属先は警視庁の吹き溜まり・生活安全課“分室”。相方となったのは、警視庁随一のクセ者・伊波健也。お互いに足を引っ張り合うという不思...
  • SILENCER(2)
    完結
    通常版 2巻 594円(税込)
    消音銃(サイレンサー)をこよなく愛する女性刑事・桂木静は、警視庁の吹き溜まり・生活安全課“分室”に配属となる。 上司であり相棒の伊波健也も警視庁内での札付きの問題刑事。この二人が足を引っ張り合い...
  • SILENCER(3)
    完結
    通常版 3巻 594円(税込)
    警視庁の女刑事・桂木静は、幼い頃に北朝鮮に拉致された日本人脱北者であることが明らかになる。静の命を狙って北朝鮮からやってきた工作員を見事に始末した静だが、そんな彼女と北朝鮮時代を共に過ごした...
  • SILENCER(4)
    完結
    通常版 4巻 594円(税込)
    警視庁から内閣情報調査室に出向となった静と伊波は、日本の防衛省職員にハニートラップを仕掛けた中国に飛ぶ。そんな彼女たちを待ち受けていたのは銃弾の嵐だった・・・!? 恐るべき化学兵器・新型インフ...

SILENCER(2)

Posted by ブクログ 2013年09月21日

相当に過激で刺激的
こんな物騒で手段を選ばない刑事がいちゃダメでしょ、と思う反面、人間としてのルール違反、超えちゃならない一線を踏んだ悪党に対する制裁―特に、第12話「社会というもの」―にはスカッとする
自分で言うのもアレだが、私はそんな物騒な思想は持ち合わせていない
ただ、無傷で捕らえるのはどうか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

SILENCER(3)

Posted by ブクログ 2017年11月23日

幼い頃、拉致されその後、脱北した過去を持つ刑事、桂木 静。
かつての仲間が、強敵となって桂木の前に。
果たして、桂木は、どうするのか?



このレビューは参考になりましたか?

SILENCER(4)

Posted by ブクログ 2014年06月25日

面白かっただけに完結にちょっとがっかり、でもこれ以上話を大きくすると国際機関のスパイ漫画になって警察関係なくなりそうだから、ここらでやめるというのもありだったのかなぁ

このレビューは参考になりましたか?

SILENCER(2)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年01月23日

平気で銃を撃つ警官とか、悪徳刑事とか、普通の警察官もどんどん悪徳警官になっていく感じ、最凶クライムアクションと銘打ってはいるけど、最凶悪徳警察アクションの間違いの気もしてくる。今後の展開に不安が…

このレビューは参考になりましたか?

SILENCER(1)

Posted by ブクログ 2013年06月12日

めちゃくちゃな女刑事に、更にめちゃくちゃな男刑事。どちらの刑事がより壊れているのか、この先の連載を読んで確かめようと思っていますが、どちらにしてもこの刑事達の源泉が正義とは思えないので、何かの復讐なのかなぁと考えたり…

このレビューは参考になりましたか?