世界1500万人に読み継がれる最高峰の対人テクニックがモノになる!

世界1500万人に読み継がれる、ビジネス書における不朽の名作『人を動かす』(デール・カーネギー著)。
名だたる賢人が親しんできた名作を、人気心理学者・内藤誼人が心理学の見地から読み解く。
名作に記載された対人術を現代のビジネスシーンで応用するには。
人間の行動原理とは、ココロを動かす本質とはどんなことなのか。
半世紀以上前に書かれたデール・カーネギーの「人を動かす原則」が、
今、本当に使えるテクニックとして蘇る。


■目次■
【第1章】人に好かれる交際テクニック
あらゆる人を味方にする交際テクニック
「言ってることもわかるけどさ」の一言で信頼を失う
疑似体験でココロの距離は縮まる
一瞬で共感力を高める「ミラーリング」
「自己犠牲」を払えば約2倍魅力的に見える!?
人を動かす「戦略的な笑顔」

【第2章】人を動かす会話術
相手をその気にさせる、魔法の言葉
「嘘ボメ」でも相手はやる気になる
優秀な営業マンのすごいホメ方
「ホメ効果」を100%発揮させるには?
デキる人の8割が実践している仕事術
一瞬にしてモテる「アクティブリスニング」
つまらない話を聞くと愛が貯まる!?
相手が大物でも会話を弾ませる手法
「名前」を呼びかけることは営業成績に直結する

【第3章】絶対に負けない交渉術
勝負強い人ほど相手に「貸し」を作っている
「雲の上の存在」をつかまえる方法
自分の考えは相手の意識に埋め込んでしまえ
「理想的な条件」をすんなり呑ませる暗示
聞き手の無意識に訴える ハンドマジック
「できません」が言えないと信用は失墜する

【第4章】危機的状況で信頼を生み出す方法
「評価を高める」謝罪術
謝罪の際に不利益を被らないためには?
「誤解」を解きたかったら接触回数を増やせ
失敗は素直な態度で挽回できる
注意するときは「失敗談」を重宝しろ
相手の気分を害さずに指摘する方法
究極の断り方「イエス・イエス法」
「言い争い」は逃げるが勝ち
感情的になってしまう自分を抑えるコツ

【第5章】人を動かすリーダーの極意
「感謝状」で人は1・4倍ヤル気になる
だから、あなたの言葉は相手の心に響かない
相手に動いてほしいなら「結論」まで言ってはいけない
「結論まで言わない」ほうが魅力的
「有望な部下」だけ厳しくしろ
「依怙贔屓」で人が動く理由【※本作品はブラウザビューアで閲覧すると表組みのレイアウトが崩れて表示されることがあります。予めご了承下さい。】

ジャンル
出版社
カンゼン
ページ数
192ページ
電子版発売日
2014年03月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

思いのままに人を動かす カーネギーのすごい!心理術

Posted by ブクログ 2012年09月26日

カーネギーの心理術をわかりやすく書いてある。

厚い本を読まなくてもこれを読めば内容判る。

話を聞く。それも相手に興味を持って。話を聞くことも仕事のひとつ。ミラーリング。

このレビューは参考になりましたか?

思いのままに人を動かす カーネギーのすごい!心理術

Posted by ブクログ 2015年01月10日

Dカーネギーをめちゃくちゃはしょった内藤先生の本。内藤先生の言いたいことが書かれ、カーネギーも言ってまっせ!に終始する。

ただ内藤先生もカーネギーも似たタイプな気はするので(内藤先生の方が体育会系か…)カーネギーの本と合わせて読むと双方の理解が深まると思う。
内藤先生の著作の中でもよく読み返す本。

このレビューは参考になりましたか?