監督はどのように
チームを作り上げるのか?
現役プロ監督が初めて明かす!!

監督はどういったことを思考し、
どのように決断を下しているのか。
ヴァンフォーレ甲府で指揮を執る城福浩監督が
FC東京監督時代、U-17日本代表監督時代に
培われたものを実例として、
チームを躍動させる“ロジカルな思考法”を公開する。
監督の立場で考えると、サッカーはより深く見えてくる

PROLOGUE 監督とは――重圧と歓喜の狭間で
CHAPTER1 チーム編成論
CHAPTER2 マネジメント論
CHAPTER3 采配論
CHAPTER4 戦術論
CHAPTER5 育成論

組織を躍動させる“思考ロジック”

○補強とは、一刻を争う情報戦の世界
○選手が立ち返る場所"スタンダード"を示す
○ボジションの確約は絶対にしない
○試合の翌日に考えるのは、控え選手のこと
○選手交代は、守備面も考えながら行う
○プレッシングで守備のスイッチを入れる
○ショートカウンターで相手が拡散した隙をつく
○ハーフタイムで話せる時間は3、4分

■■■ 本書プロローグより ■■■
監督というのは、孤独な職業です。
監督は現場におけるすべての決定権を握っています。
だからこそ、そこで起きるすべてのことに対して、
監督は責任を負わなければなりません。(略)
選手をメンバーから外せば、
選手生命を脅かすことにもなり得ます。
結果が伴わず、チームが低迷すれば、
コーチングスタッフやクラブスタッフの生活さえ
脅かしてしまうかもしれません。
しかし、だからこそ、成功したときの喜びは格別です。
あの爆発的な喜びを一度でも味わってしまうと、
監督という職業が病みつきになってしまいます。

ジャンル
出版社
カンゼン
ページ数
240ページ
電子版発売日
2014年03月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法

Posted by ブクログ 2016年11月05日

【サッカー監督がどう考え、どう判断しているのかを供述している本】
細かいミクロな世界の判断、瞬時の判断だけでなく、マクロな戦略を立てる必要もあるサッカー監督。肉弾戦を挑むのか、美しいパスサッカーを志向するのか、ファジーなスポーツの代表格サッカー。そのプロ監督が手の内を明かした、といっても過言ではない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法

Posted by ブクログ 2012年08月09日

元FC東京監督、現ヴァンフォーレ甲府監督の城福浩氏がまとめた、Jリーグ監督のマネジメントの方法論。Jリーグとあるが、もちろん海外でも使えると思う。

内容としては、監督就任時のタイミングによって、チーム編成にどれだけ関われるかから始まり、プレシーズンのキャンプ・シーズンが始まってからの監督の1週間な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法

Posted by ブクログ 2012年06月10日

本書にあるように、実際に今現場を預かっている人が書くのは勇気が必要だったと思うが、解りやすい文章で読みやすく、城福監督の人柄も垣間見れる良い本だった。FC東京&甲府サポにはとても楽しめるだろうし、それ以外のサッカー好きにもお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?

Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法

Posted by ブクログ 2013年07月14日

現役監督の監督論。当然の事から、なるほどと言う事まで。ポゼッションサッカーについての城福監督の考え方は、自分の考えとは異なるものであった為、なるほどと思い、納得。現役の選手の名前も出てくる為、知っていればさらに読みやすい

このレビューは参考になりましたか?

Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法

Posted by ブクログ 2012年08月18日

Jリーグの現役監督によるチーム作りについて書かれている。監督の一週間の過ごし方や、選手へ説明する方法など具体的な話があり面白い。システム論や戦術論などもある。

このレビューは参考になりましたか?