古い思想は打ち砕かれるべきだ!19世紀ロシア。農奴解放令にともない、古い貴族文化は、新しい民主的文化に取って代わろうとしていた。その転期に、「ニヒリスト」なる者たちが台頭しはじめる。

ジャンル
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
まんがで読破
ページ数
193ページ
電子版発売日
2013年08月02日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

父と子 ―まんがで読破─

Posted by ブクログ 2018年08月29日

まんがで読破を読破するシリーズ。
このシリーズでロシア文学も結構読んだけど、ツルゲーネフはこれが初めてかな。
農奴解放でこれまでの価値観が変わりつつあるタイミングのロシア。貴族文化につかった地主の親の世代と、都会に出てニヒリズムに目覚めたこの世代とのギャップ。女は男の言いなりでいればいいという考え方...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?