4年後に起こるニッポンの危機とは何か?

おびただしい量の放射性物質が拡散してしまった日本。かつては「原発推進派」で日本原子力学会平和利用特賞まで受賞した科学者である著者が、2015年が日本の節目であると分析する。チェルノブイリ事故による小児がん患者が4年後に急増したからである。ヨーロッパの論文によれば、今回の事故で最大40万人のがん患者が発生する可能性まで指摘されている。かつて旧ソ連も原発事故が引き金となって崩壊へと突き進んでいった。高度なネット社会のなかで、この厳しい現実に直面した時に予想される国内外の激しいリアクションに日本は耐えられるのか? 放射能汚染によって世界の中で孤立化する日本の辿る道とは? 生活、社会、経済に忍び寄る本当のクライシスとは? あらゆる側面から近未来予想図を描く。そしていまある食品や水は大丈夫なのか?魚はプルトニウムに汚染されていないのか? といった具体的な例を挙げながら現状での危機を避ける生き方も提示する。さらには「事実を隠しウソをつく」企業や政府、メディアの欺瞞と裏側を暴き、2015年の悪夢を回避するためにいま最も必要なものは何なのかを説く。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年07月19日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

2015年放射能クライシス

Posted by ブクログ 2011年10月14日

何かがおかしいと思っていた。今になってよくわかるようになってきた。セシウム牛は要らないと言った市議会議員や福島の野菜は食べられないと言ったミュージシャンがただただ罵倒される社会。贅沢は敵だ。一億総玉砕。なんら変わらないメンタリティー。日本国民は何なんだろう。誰かが声をあげ続けないと本当にまずい。俺も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

2015年放射能クライシス

Posted by ブクログ 2013年04月28日

安全だと思っている、そこのあなたー!!
P86の地図、見て~。
見たら、きっと中身を読みたくなるよ。。

大切な人は、自分で守るしかない。
自分の身も。。
悲しいけれど、それが今の日本。
ヒロシマ・ナガサキをまた、繰り返すのかしら・・・。

は~~ 仙台から逃げて良かった。

このレビューは参考になりましたか?

2015年放射能クライシス

Posted by ブクログ 2013年02月07日

3.11後に田畑に降り積もったセシウム137は、毒盛りなどによく使われる青酸カリの2000倍の毒性がある。

NHKですらこれを報道してなかったように思えます。
政府、官僚、原子力委員会、メディアに出ていた多くの原子力専門家、全員がグルで隠していたと考えるのは難しいですが、武田さんの話にはあまりにも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

2015年放射能クライシス

Posted by ブクログ 2012年01月25日

4年後日本は大変な事になると思う
放射能は目に見えないから…

TVで見かける武田先生、いつもニコニコ人の話しを聞いていて感じがいいです(*_*)

このレビューは参考になりましたか?

2015年放射能クライシス

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月21日

どちらの考えの人であれ、一読しておくのはいいと思う。
楽観的な未来が訪れて欲しいと切に思うが、悲観者に限らず楽観者にも想定は大切。そうなる&ならないと断言せず、そうなるかもしれないから、と考えて行動すること、かな。

このレビューは参考になりましたか?

2015年放射能クライシス

Posted by ブクログ 2011年11月12日

きわめてまともな科学者らしい視点の本。講演その他の話し言葉をそのまま文語体にまとめたのか、ところどころ論旨に飛躍があり、「?」となるところも見かけるが。でも2015年に備えて読んでおいてよかった本だった。

このレビューは参考になりましたか?