大手建設会社のサラリーマン・高橋は、社命により西南アジアの小国・タルキスタンに出張することになった。飛行機で約16時間かけて辿り着いた現地で彼を出迎えたのは、どこか怪しげな支店長の中井戸と、その運転手をしているセーナという現地の女性だった…。次第に現地での生活に慣れ、セーナに心惹かれてゆく高橋。やがてパスポートを紛失し、日本に帰れなくなってしまう。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
218ページ
電子版発売日
2013年10月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 僕らはみんな生きている(1)
    完結
    通常版 1巻 594円(税込)
    大手建設会社のサラリーマン・高橋は、社命により西南アジアの小国・タルキスタンに出張することになった。飛行機で約16時間かけて辿り着いた現地で彼を出迎えたのは、どこか怪しげな支店長の中井戸と、そ...
  • 僕らはみんな生きている(2)
    完結
    通常版 2巻 594円(税込)
    パスポートの再発行に手間取り、雨期のタルキスタンでいたずらに時を過ごすうちに高橋は、現地の女性・セーナとの関係を深めていく。そして、内戦が勃発。帰国のため空港へ向かう日本人達と別れ、高橋はタ...
  • 僕らはみんな生きている(3)
    完結
    通常版 3巻 594円(税込)
    西南アジアの小国・タルキスタンの内戦は激化していく。現地の恋人・セーナと別れた高橋は、帰国に失敗した日本人達と合流し、戦闘を避け、ジャングルをさまよう。そして、たどり着いた村もまた、戦場に!
  • 僕らはみんな生きている(4)
    完結
    通常版 4巻 594円(税込)
    革命の戦士となったセーナたちに捕らわれた高橋達日本人だが、なんとか空港に逃げのび、帰国便を待つことになる。しかし、高橋の上司・中井戸は政府軍のスパイとしてゲリラに捕らえられたまま。高橋達は日...

僕らはみんな生きている(4)

Posted by ブクログ 2016年10月13日

最初はゆっくりですが、途中からスピードがぐっとあがる、それが個性的なキャラクターとあいまって疾走感が素晴らしい。
現実なのかどうかわからない感じのラストが凄い意味深で好きである。

このレビューは参考になりましたか?