大坂から来た豪快侍の痛快捕物! 北町奉行所に大坂から赴任した内与力、淀川新十郎。もっさりした風貌と陽気な語り口だが、捕物は型破りで豪腕。贋金の探索の果て、対峙したのは上方以来の因縁の相手だった。書下ろし時代小説、新シリーズ開始。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2013年07月12日
紙の本の発売
2013年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

上方与力江戸暦

Posted by ブクログ 2014年03月13日

テンポよく読ませますが、先のストーリーも想像がつきます。解決するんですが、なんとなくすっきりしないのは後日談として語られているからでしょうか。
でもそれを補うだけの魅力が人物達にありますね。主人公新十郎や彼と共に行動する貫さん、民次、いいですね。
続きが出るといいなあ。

このレビューは参考になりましたか?