はじめてでもわかる財務諸表 危ない会社、未来ある会社の見分け方
作者名 :

1巻配信中

価格 749円 (税込)

ANA、NTT、ドコモ、花王、KDDI、JAL、ソフトバンク、DeNA、東京電力、トヨタ、ユニクロ……。話題企業の決算書で学ぶ、数字をやさしく読み解くための誰も教えてくれなかった基本ルール。財務諸表は「作れる必要は無く、読めればいい」のです。大事なポイントに絞って、スピード理解する方法をご紹介します。本書は、経験豊かな経営コンサルタントが、はじめて学ぶ人のために、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の順に、読み方のポイントをやさしくレクチャーします。最初は、ただの数字の羅列にしか見えなかった財務諸表の数字。でも、本書の丁寧なガイドに沿って読み慣れてくると、次第に活き活きと動き始め、企業の特徴や方向性、経営者の考え方までも私たちに語りかけてきます。本書を読み終わる頃には、もっと多くの財務諸表を見てみたい――そんな風に興味を抱き、ご自身のビジネスや人生に役立てて頂ければ幸いです。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHPビジネス新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2013年07月12日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

はじめてでもわかる財務諸表 危ない会社、未来ある会社の見分け方

購入済み

(匿名) 2014年02月05日

何冊か読んでもよくわからなかったが何が大事なのかが明確で非常にわかりやすかった。お薦めです。

このレビューは参考になりましたか?

はじめてでもわかる財務諸表 危ない会社、未来ある会社の見分け方

Posted by ブクログ 2013年10月21日

財務会計の基礎作りのために読んだ。
実際の経営戦略やニュースと関連づけて説明してあるので本当にわかりやすかったし財務諸表を見てみたくなった。

このレビューは参考になりましたか?

はじめてでもわかる財務諸表 危ない会社、未来ある会社の見分け方

Posted by ブクログ 2013年12月10日

この人の文章はほんと読みやすい
内容は会計やってる人には当たり前のことばかりだけど学ぶ部分も多かった

このレビューは参考になりましたか?

はじめてでもわかる財務諸表 危ない会社、未来ある会社の見分け方

Posted by ブクログ 2017年03月29日

財務諸表を「作る」方法ではなく「見る」方法を学ぶ本。久しぶりに財務諸表の勉強して懐かしかった。とっかかりによいかと。


 財務諸表は作る人である会計士とか経理担当者には深い知識が必要だろうが、そうでない人にはそこまで深い知識は要らない。でもどうしても難しく感じてしまうから、ハードルを下げて考えよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

はじめてでもわかる財務諸表 危ない会社、未来ある会社の見分け方

Posted by ブクログ 2013年07月09日

1秒でわかるシリーズ、小宮一慶さんの著書。財務諸表は作れる必要はなく、読めればよい。ROE=ROA*レバレッジだが、ROEを高めるためにはレバレッジを高めるのでなく、ROAを高めるべきである。製造原価と売上原価は異なる。最も重要なのは手元の現金など学ぶことができる。再読すると理解が深まるかもしれない

このレビューは参考になりましたか?