東大卒、職業・雀荘店員。これは、実在する人物の日常を描いた物語である――。日本中には二万軒の雀荘があり、各々にメンバーという人種が巣食っている。 彼らは、雀荘での雑務や接客をこなしながら、自腹で客と麻雀を打つ、雀荘従業員である。単に麻雀が好きなだけでは、とても続けられる仕事ではない。皆それぞれの事情を抱えながら、将来も希望もない閉塞した場所で、細々と生きながらえているのである。

ジャンル
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
近代麻雀
ページ数
218ページ
電子版発売日
2013年07月12日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男 (3)

Posted by ブクログ 2013年01月22日

未レビュー消化。井田先生が作画している+近代麻雀で読んでたので購入。主人公のモノローグ進行と井田先生の静から動に動く瞬間の画がマッチしている作品でした。内容も確率、運、環境などでいかようにも動く麻雀というギャンブルを色んな視点で描いていて面白かった。一番好きなエピソードは第17話の海底、自分で最後の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男 (1)

Posted by ブクログ 2011年01月19日

簡単に言えば東大出にもかかわらず就活に失敗して
最終的に雀荘店員に行き着いた人のお話

この本は実話にもとづいている

就活中に読むものではないが
それがゆえに学ぶべきことも多い

「―――去る者がいて、来る者がいる
目の前を通り過ぎる様々な人生を見送りながら
俺は今日もこの場所で
こうやって生きて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男 (2)

Posted by ブクログ 2010年02月21日

続いて第二巻。
さらに濃くなった気がしてならない。

いくら実在の人物を元にした作品といえども、ある程度脚色はあると思うのですが・・・・・・リアルにありそうなこと過ぎて重い。

山ちゃんの話と犬の話が好きでした。

このレビューは参考になりましたか?

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男 (1)

Posted by ブクログ 2010年02月21日

さて、こちらも読みたいなぁと思いつつなかなか手を出せなかった作品。
正直、漫画以外の部分読んでいない。サーセン。

読んだ後に何故か、ズンとくる作品でした。麻雀というよりも・・・重い・・・重いよ、この作品!
麻雀を期待していたら肩すかしをくらうかな。
人間に焦点を当てたストーリーだと思います。ただ、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男 (2)

Posted by ブクログ 2008年10月10日

2巻目になっても失速なし。特に初心な少女が麻雀を通じて大人になっていく話しはいいです。ただ、2巻目発売されている、08年10月現在の時点で殆ど注目されないのはどうなってるの?ちょっと世の中おかしんじゃない?

このレビューは参考になりましたか?

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男 (1)

Posted by ブクログ 2008年09月28日

麻雀漫画な上に、その麻雀漫画業界でもそれほどメジャーな作品ではないため埋もれてしまう可能性が大ですが。面白い漫画です。麻雀をモチーフにしてますが麻雀を知らない人でも楽しめる佳作です。

このレビューは参考になりましたか?