ミャンマーの密林の中、1人残された6歳の柊成(しゅうせい)。10年後……叔父のジャーナリスト・是枝(これえだ)とその娘・草乃実(そのみ)が探し当てた時、彼は「シャン・パ・ルー(暁の息子)」と呼ばれるカラトラ族の戦士となっていた! 柊成を日本に連れ帰ろうとする草乃実だが、華僑の権力争いによる陰謀に巻き込まれることに……。長老から2人の暗殺を命じられる柊成だが!? 密林を舞台に繰り広げられる、絶品アクション!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2013年07月12日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

暁の息子

Posted by ブクログ 2008年04月15日

1巻完結。
樹なつみ先生の漫画は、概ね実家にあります。
「八雲立つ」「OZ」「花咲ける青少年」
「デーモン聖典」「朱鷺色三角」他

このレビューは参考になりましたか?

暁の息子

Posted by ブクログ 2014年01月20日

2014年1月20日

<The Son of The Dawn>
  
装丁/住吉昭人(fake graphics)

このレビューは参考になりましたか?

暁の息子

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月02日

今更ですが、地味に私的樹なつみ祭開催中(笑)花とゆめは読んでいたけどLaLaは読んでいなかったので樹さんとの出会いは遅かったように思います。それでもこの作品は比較的新しいですね。初版2000年。ちょうど読書から離れていた時期に刊行されていました。ありがちなエピソードですが、それでも樹さんの描く世界に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

暁の息子

Posted by ブクログ 2009年01月31日

<あらすじ>
ジャーナリストの是枝と娘の草乃実(そのみ)は、同じくジャーナリストでタイで10年前に行方不明になった兄とその息子柊成(しゅうせい)を探すため、ミャンマー入りする。
二人はミャンマーの奥深いカラトラ村で「シャン・パー・ルー(暁の息子)」と呼ばれ、カラトラ族として村の掟に従って生きる柊成を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

暁の息子

Posted by ブクログ 2008年08月12日

「はてなダイアリー」に、樹なつみの作品の感想を書いて出来たリンクから、樹なつみの説明のページを見に行って、この本がでているということを知る。
青年誌で、こんなの描いてたんだ。知りませんでした。

ストーリーは、「八雲立つ」の海外版みたいな感じかな。ちょっと違うか。あれほど明確に精霊の存在を感じられる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

暁の息子

Posted by ブクログ 2005年11月19日

続編が出て欲しいような、ここで終わっていてほしいような。自然と共に生き、未だ信仰が残っている民族と現代日本の違いに感じるものがありました。

このレビューは参考になりましたか?

暁の息子

Posted by ブクログ 2010年06月23日

ミャンマーの民族紛争、麻薬、マフィア、アメリカ絡みの
謀略と、樹なつみらしい骨太なストーリー。
でも一巻完結ではちょっと駆け足過ぎたかも。
もうちょっとじっくり進めたらもっと面白かったのでは
と思うと残念。

このレビューは参考になりましたか?

暁の息子

Posted by ブクログ 2008年08月30日

樹なつみを久しぶりに読んだ。話としては面白かったけれど、も少し裏設定をしっかり固めてほしかった。樹作品によく出てくる、パッパラパーの女子高生キャラ、この物語では重要な役どころになっているけれど、他作品では“ここでこのキャラを出す必要があるのか?”と思うものも少なくなく、それが嫌いで読まなくなったこと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

暁の息子

Posted by ブクログ 2007年09月17日

世界には、こんなところがあるんだろうな〜〜と思ったりする。
なんだかせつないお話だよ><

全1冊 (1)

このレビューは参考になりましたか?

暁の息子

Posted by ブクログ 2005年05月15日

教習所に通ってた時に歩いてサ○まで買いに行きました。
確か仮免の筆記の結果待ちの時間に読んだ記憶が。。。

このレビューは参考になりましたか?