多額の金子を差し出して返却を迫る両替商泉屋の要求をつっぱねた番頭が、小浜藩の侍に襲われた。町奉行所同心、丹羽祥吾を巻き込み真相解明に奔走する若狭屋の跡取り、甲次郎。気鋭の大型新人が天保年間の大坂を舞台に武士と商人の策謀を描く書下ろし長編時代小説。

ジャンル
出版社
双葉社
ページ数
300ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

甲次郎浪華始末 1 蔵屋敷の遣い

Posted by ブクログ 2005年04月21日

最初、この主人公があまり好きになれなかった。
この一冊のお話の中で、なんだか成長したように感じた。
屈折した感情をもてあます・・いまどきの若者にも通じるのだろうが・・・
しかし・・これも続きが出ないことにはおさまりがつかないなぁ。
なるべく、よい方向に収まって欲しいと思うのは、ハッピーエンドの好きな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?