凶悪―ある死刑囚の告発―
作者名 :

1巻配信中

価格 658円 (税込)

人を殺し、その死を巧みに金に換える“先生”と呼ばれる男がいる──雑誌記者が聞いた驚愕の証言。だが、告発者は元ヤクザで、しかも拘置所に収監中の殺人犯だった。信じていいのか? 記者は逡巡しながらも、現場を徹底的に歩き、関係者を訪ね、そして確信する。告発は本物だ! やがて、元ヤクザと記者の追及は警察を動かし、真の“凶悪”を追い詰めてゆく。白熱の犯罪ドキュメント。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年07月05日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

凶悪―ある死刑囚の告発―

Posted by ブクログ 2018年03月31日

実際にあった事件のドキュメント。
長い年月を感じる、圧迫感のある読み物。

勾留中の殺人犯による主犯の告発を拾い、
ひとつずつ地道に追っていく記者の焦燥や調査が
わかりやすく書かれている。
調べるうちに浮き上がってくる「凶悪」な犯人の
姿に怖さを感じる。ひとでなしすぎ。

人はなぜ他者を傷つけたり殺...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

凶悪―ある死刑囚の告発―

Posted by ブクログ 2017年06月08日

読書録「凶悪」5

編 「新潮45」編集部
出版 新潮社

p111より引用
“その際、自分は、彼女らから「いろいろご
面倒おかけしますが、よろしくお願いしま
す」と、暗に殺してくれとお願いまでされて
いるんです。”

目次から抜粋引用
“独房からの手紙
 驚愕の証言
 そして、矢は放たれた
 脚光...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

凶悪―ある死刑囚の告発―

Posted by ブクログ 2016年11月03日

ある死刑囚の告発を独占取材したノンフィクション小説。
「先生」とよばれた連続殺人犯はこの死刑囚の告発がなければ平然とシャバで生活を続けていたであろう。
リアルであるからこそ読み応えがあり、非常に面白い一冊。

このレビューは参考になりましたか?

凶悪―ある死刑囚の告発―

Posted by ブクログ 2016年09月25日

本書を基にした映画を先日見て、印象に残っていたところ、書店で本書を発見。思わず購入し、読んでみた。

予め映画で大筋を把握していたおかげで、すんなりと読み進めることができた。やはり書籍となると、映画では描かれなかった、記者の入念な調査や、事件の詳細が分かった。

茨城県など関東で起きた幾つもの殺人と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

凶悪―ある死刑囚の告発―

Posted by ブクログ 2016年04月17日

本当に恐ろしくて、夜眠れなくなった。
新潮45という雑誌の記者による、闇に埋もれた凶悪犯罪のあぶり出しである。もちろんノンフィクションだが、リアリティがないほど、残虐である。現代の日本でこんな事件が起こっていたというのも、衝撃だ。
雑誌記者が、ある死刑囚から、表沙汰にならなかった犯罪を記事にして欲し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

凶悪―ある死刑囚の告発―

Posted by ブクログ 2016年02月13日

まもなく刑が確定する殺人犯から、本当は主犯がいると雑誌記者に伝えられて… 主犯たる先生は知能犯のように扱われているが、むしろこんな雑に露骨に金儲けをやっても決定打がなければ野放しなのかと恐ろしくなる。

このレビューは参考になりましたか?

凶悪―ある死刑囚の告発―

Posted by ブクログ 2014年02月26日

死刑囚・後藤良次は、闇に葬られている殺人事件の首謀者が娑婆でのうのうと暮らしていることが許せず、新潮社の記者に事件を暴いて欲しいと依頼します。

実際に起きた出来事とは思えない内容に震え上がりました。不謹慎な表現になりますが、ドラマチックな展開に終始引き込まれました。取材内容が飛び飛びな上に重複する...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

凶悪―ある死刑囚の告発―

Posted by ブクログ 2012年01月13日

 死刑囚の元暴力団組長が誰にも語っていなかった殺人事件を告発し、共犯者に復讐するというノンフィクション。
 
 バブルが弾けたことによって借金まみれになった元経営者や資産家に巧妙に近寄り自殺や病気を装わせ、保険金を横取りしたり不動産を転売する手口で荒稼ぎしていた非情な不動産ブローカー・通称「先生」は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

凶悪―ある死刑囚の告発―

Posted by ブクログ 2018年10月12日

極刑が確実とされた獄中の犯人が、別の事件への関与を告白。そして、普通に社会で生活しているその事件の首謀者を告発する。綿密な裏付け取材によって、警察が動き・・・という事件のノンフィクション。

身寄りの少ないお年寄りを狙い、その生命を金に換えていくという「凶悪」の存在。
これまで読んだ犯罪ノンフィクシ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

凶悪―ある死刑囚の告発―

Posted by ブクログ 2017年11月30日

随分前に読んだので、細かい感想は覚えてないけど…

人を焼き殺してる時の
うまそうな肉の匂いがするなぁ〜

という台詞は身震いがするほど気持ち悪く、よく覚えています。
絶対こんな人間に遭遇したくない(((( ;゚Д゚)))
恐ろしすぎます!

このレビューは参考になりましたか?