オチコボレ男子高に入学した僕らを待ち受けていたシゴキ合宿。欺瞞に満ち溢れた世界に風穴を開けるため、大脱走計画を練るうち、世界に熱い血が通い始める。ザ・ゾンビーズ結成前夜を描くシリーズ完結篇!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年07月09日
紙の本の発売
2013年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

レヴォリューション No.0

Posted by ブクログ 2017年05月19日

主人公とその父親との会話がせつない。誰のために転入を勧めているのか、なぜ子どもが殴られた理由を聞かないのか。
また自分が通う学校の教師である父親をもつ野口は父親の憎しみの対象でしかない。
そんな彼らは大人を頼ることなく仲間を支え合う。

このレビューは参考になりましたか?

レヴォリューション No.0

Posted by ブクログ 2016年04月02日

こんな奴らと一緒に過ごしたら楽しいだろうなって思いました!
生物の進化は常に危険とともにある。
面白い本です。

このレビューは参考になりましたか?

レヴォリューション No.0

Posted by ブクログ 2014年09月05日

10代の頃にゾンビーズシリーズを読みました。
大人になってコレを読んでみて、やっぱり好きです。
再確認。
高校生の話なのに甘くないところがいいですね。
強くて賢い不良は反則です。

このレビューは参考になりましたか?

レヴォリューション No.0

Posted by ブクログ 2014年02月07日

ゾンビシリーズを読破しているので、またまた時間軸がくるりと舞い戻った場面に、「おおっ、あそこか!」なーんて思ったりして楽しかったです。

相変わらずのスピード感、ラストの爽快感は秀逸。
さらりと気持ち良く読める一冊です。

目の前にある退屈を、自分が押しこめられている社会の常識や枠を、飛び越え...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

レヴォリューション No.0

Posted by ブクログ 2013年07月26日

ゾンビーズの一番最初の話で一話収録なので少し短いですが今作も読んでる自分も臨場感を楽しめる作品でした!

このレビューは参考になりましたか?

レヴォリューション No.0

Posted by ブクログ 2013年07月13日

薄い文庫本で大丈夫かと思ったけど、読後は満足感。表紙のデザインが今回統一されて既に古い版を持ってる身にしたら酷なことをしてくれるわの思い…。

このレビューは参考になりましたか?

レヴォリューション No.0

Posted by ブクログ 2018年10月28日

レヴォリューションシリーズの原点がここに。

典型的な落ちこぼれ男子校に入学した僕、舜臣、萱野、山下、ヒロシなど・・・
その高校生活で待ち受けていたのは、教育という名の教師の暴力

そんな中、団体訓練と称したシゴキ合宿が始まる。

メンバーはこの状況をどう乗り越えるのか、先生との知恵比べ、最後に笑う...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

レヴォリューション No.0

Posted by ブクログ 2017年01月16日

アホって真面目ってことだと思います。
このゾンビーズシリーズとても大好きです。
男の子ってことを思い出させてくれます。

このレビューは参考になりましたか?

レヴォリューション No.0

Posted by ブクログ 2014年12月22日

ザ・ゾンビーズのスタート。
暴力教師マンキーに立ち向かうゾンビーズ
飼い慣らされるな世界に牙を向け!

少し内容が薄いので残念(´ー`)
ゾンビーズのファンは必見!

このレビューは参考になりましたか?

レヴォリューション No.0

Posted by ブクログ 2014年04月25日

やっぱり金城一紀はすごい!

と実感させてくれる一冊でした。おなじみゾンビーズシリーズ完結編。完結編なのにゾンビーズが始まるお話、というのがまたたまらない。

暴力教師マンキーのおかげで最初から最後まで暴力描写いっぱいで、なおかつ閉鎖空間での重圧に満ちた空気に息苦しくなりました。それでも最後まで読め...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?