トップM&Aアドバイザーが初めて明かす 中小企業M&A 34の真実

トップM&Aアドバイザーが初めて明かす 中小企業M&A 34の真実

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日本トップクラスの成約数を誇る敏腕M&Aアドバイザーによる、
もっともわかりやすく実践的なM&A本。
M&Aの裏側を知り尽くした著者が、売り手・買い手の本音、
業界の不都合な真実のすべてを初公開します。

本書では、以下のような疑問にお答えします。
・大企業のM&Aと中小企業のM&Aでは何が根本的に違うのか?
・M&Aの成功率は低いのか?
・M&Aで人気のある業種、人気のない業種はあるのか?
・オーナー社長はどういう理由で会社を売却しているのか?
・会社を売却するベストタイミングはいつか?
・売却しやすい会社とはどういう会社か?
・M&Aで従業員の雇用は守られるのか?
・買い手の買収理由や買収戦略には、どのようなものがあるか?
・シナジーとは何か? どのようなシナジーがあるか?
・売り手および買い手のM&A成功のポイントやおかしやすいミスとは?
・仲介会社とアドバイザリー会社の違いとは?
・仲介会社は何を基準で選ぶべきか?

M&Aを考えているなら、ぜひ本書を読んでからにしてください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
東洋経済新報社
ページ数
208ページ
電子版発売日
2013年06月28日
紙の本の発売
2013年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

トップM&Aアドバイザーが初めて明かす 中小企業M&A 34の真実 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年07月17日

    M&Aにまつわる一般論に終始することなく、著者の実体験に基づく企業買収の現場が伝わる内容で読み応えがある。時折昔勉強した経営学の知識が出てくるが、よく具体的な実務に整合した感じに見える。
    P140
    リスクをとる勇気をもつ
    M&Aにはリスクがつきものです。将来の事業計画が実現するかは誰も保証で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています