怪物

怪物

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

定年を間近に控えた刑事、香西には〈死〉の匂いを嗅ぎとる不思議な能力があった。その力を手掛かりに不審な失踪事件を調べるうち、彼はゴミ処理施設で働く青年、真崎に辿り着く。「処理場で人間の身体くらい溶かせる」とこともなげに言う真崎。端正な顔立ちのこの男が事件の犯人なのか。二人の息詰まる攻防戦が幕を開ける――。正義と悪の概念が根底から覆される! 著者渾身の長編ミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
408ページ
電子版発売日
2013年06月21日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2016年05月07日

    うわ~・・・ヤバいの引いちゃいましたっ!!って感じw
    いやー、面白かったなぁ~!
    え?そっち?そっち行く?いや、行かないでしょ。え?行っちゃうの?ええっ!そっちって、そっちじゃなくてそっち!?え?え?ええええ~~っ!?!?!?・・・みたいな?ww

    え?私?行かないっすよ、そっちには・・・さすがに。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月21日

    後輩にも慕われる定年間近の刑事。
    時効になった幼女誘拐殺人事件の容疑者だった男が衆院選に立候補する事を知る。
    同じ頃、夫の失踪届を出しに警察を訪れた母娘に声をかけたことから、その失踪にも関わる事になる。
    失踪した男が最後に訪れた場所は、最先端のゴミ処理場だった。

    単なる刑事ものではない。
    その刑事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月09日

    日常に潜む、あり得そうに思える話し。
    次々と連鎖していく人間関係がおもしろく、追い詰められた主人公の転落ぶりが、ここまでやるか!的な内容だった。
    読み進めやすく、印象に残る内容だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月31日

    面白かった。
    読み進めている間、
    怪物は誰なのか、
    実はこの人が…みたいな結末なのかとか、
    まだ半分くらいのあたりで、どうまとめていくのか見えず、
    話の展開とともに私の想像も二転三転していた。
    このまま静かにしていればいいじゃないかと香西びいきになって、明らかに破滅へ進んでいくのが嫌で読むのをしばし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月01日

    まさに怪物。人間追い込まれると怪物になりかねないと何処か納得してしまいそうになってしまう。
    予想と反した結末だったが、その裏切られた感じがまた良かった。
    刑事の上をゆく真崎、気味悪いがスマートさを感じて何か良かった。
    他の作品も読んでみたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月29日

    主人公は定年間近の刑事。最近、歳のせいか、「定年間近」とかいう設定のものに惹かれてしまう(笑)真実を明らかにしたい刑事の正義感。大切な人を守りたいという正義感。しかし突発的にのっぴきならない事態に陥ってしまう、はらはらどきどきの展開がよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月07日

    ドラマを見ていたので、ついついドラマのキャストで
    読み進めてしまった(笑)
    主人公である刑事が「死」の匂いをかぎとることが
    できるという設定がまず面白い。
    刑事が天職ともいえる彼の失踪事件への執念がスリ
    リングで、事件の進展から目が離せなかった。

    過去の事件の容疑者(犯人だけど)を追い詰める
    作戦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月10日

    ドラマを見て、原作も読んでみたくなって読みました。ストーリーは分かっていても面白く、一気に読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月16日

    死の匂いを嗅ぎ取る定年間近の刑事が、人間を溶かすこともできるゴミ処理施設の研究者と出会って、正義の概念を失うというミステリー。
    タイトルが意味深い。誰を指す言葉なのか常に気になっていた。ラストは想像していた中で、最も嫌な展開だ。人という生き物全てが、心の奥に「怪物」を潜めているのかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月13日

    死の匂いを感じる刑事が、人を守るために、自らがダークサイドに落ちて行ってしまう。登場人物が魅力的で、一気に読めた。ドラマ化も楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています