かつて1970年型少年で、40歳を迎えて2000年型おじさんになった著者が、ある時は鉄腕アトムや万博に心動かされた少年時代の思い出を通して、ある時は現代の問題を通して、家族や友、街、絆を綴ったエッセイ

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年07月09日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

うちのパパが言うことには

Posted by ブクログ 2011年09月28日

重松清さんのものの捉え方・考え方、やっぱり好きです。張りつめたかんじではなく、張りつめていたいけどゆるんでしまい、もう一度張りつめようとするけど、うまくいかないかんじ。だけど、張りつめることを諦めたり、やめてしまったりすることはしない。その理由は、「それは悔しいし、さびしい」から。
そして、「今は最...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

うちのパパが言うことには

Posted by ブクログ 2009年10月30日

身近な話題からのエッセイ集。「みんなはじめて」から...思春期の男の子が「生まれてはじめて中学生やってるんだ!」 父親は「生まれてはじめて父親やってるんだ!」... そうだ!そうなんだ!って大きく頷いてしまった。なんとなく楽になった自分がいた。

このレビューは参考になりましたか?

うちのパパが言うことには

Posted by ブクログ 2018年10月09日

重松清が40歳前後の時に書いたエッセイ集.ちょうど今の自分と同年代.「家族」を物語の中心に添えた作品を数多く残している著者.共感できる部分が多々ある."はてのない「思い通り」のレース”,”「異物」を愛して”,”期待よりも・・・”は秀逸.

このレビューは参考になりましたか?

うちのパパが言うことには

Posted by ブクログ 2013年11月19日

君は不思議だと思わないか?
ひとが追い求めるものと、目が覚めたら消えてしまうものを、なぜ同じ「夢」と呼ぶのだろう……。p18

ぼくは1963年に生まれた。高度経済成長期に産湯を使い、アポロと万博と星新一に「未来」を教わる一方で、水爆とノストラダムスと『宇宙戦艦ヤマト』によって、地球はやがて滅亡する...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

うちのパパが言うことには

Posted by ブクログ 2009年03月09日

重松清エッセイ集。2冊目かな、エッセイ読むのは。
心に響いた文章、書き留めておきたい。
「思い通り」ってどういうことだろう。
線をノートに引いてみて、片方を「わがまま」片方を「夢の実現」その間を揺れ動いていること。
それは人によってちがう。
思い通りには果てがない。夢の実現にはゴールがあるけれど。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

うちのパパが言うことには

Posted by ブクログ 2008年07月26日

表紙の写真・・親子で「シェー」のポーズに思わず「プッ」となる。
重松氏とほぼ同年代のオレとしては、必ずやったポーズなのだ(笑)

西暦2000年以降の21世紀の世の中はどうなっているのだろう?
確か少年時代にそんなことを考えた。
「鉄腕アトム」に描かれた未来都市・・街には空を飛ぶ車が走っている。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

うちのパパが言うことには

Posted by ブクログ 2008年10月20日

著者が仕事で書いてきたコラムを集めたエッセイ集。
章別に、著者と同世代の人たちの視点に関する話、著者の故郷や年上の家族に関する話、10代の少年少女に関する話などに分かれていて、色んなジャンルについての話が一冊になっている。
どの物事に対しても著者がやさしい、けどなかなか気づきにくい視点で観察している...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?