キャリアの教科書 「自分の人生。自分の仕事」をつかむエンプロイアビリティの磨き方
作者名 :

1巻配信中

価格 1,279円 (税込)

いま、キャリアに対する考え方(理論)は1~2年前とはがらりと様相を異にしてきている。以前なら、キャリアの主要理論は「自己発見」であった。まず「自分はどんな人間か」を正確に知ってから、それに見合った活動をしようということだった。しかし、いまは違う。まずは活動(フィールドワーク)をしながら、同時に自分はどんな人間であるのかをつかんでいこう、という風に変わってきた。むしろ行動によって自分を確立しようという方向である。本書は、こうした最新の流れに添って書かれた本である。どんな行動をしたらいいのか、具体的な指針(5つの質問と3つのワーク)がわかりやすく書かれている。折々に紹介されているケースストーリーに、きっとあなたも共感し、勇気づけられるに違いない。「よし、やってみよう」とやる気がわいてくるはずだ。エンプロイアビリティ(雇われる力)を高めるために、きっと頼れる味方になってくれる本である。

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
288ページ
電子版発売日
2013年06月14日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

キャリアの教科書 「自分の人生。自分の仕事」をつかむエンプロイアビリティの磨き方

Posted by ブクログ 2015年03月08日

自分の今後のキャリア形成に迷っている最中に出会った一冊。
本来はビジネスマン向けのキャリア形成本なのだろうが、今就活性の身として読んだ自分にも十分ためになる一冊だった。雇われるための力とは何か?自分のキャリアをよりよいものにしていくためにはとうしたらいいかということが書かれている。
特に面白かったの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

キャリアの教科書 「自分の人生。自分の仕事」をつかむエンプロイアビリティの磨き方

Posted by ブクログ 2011年01月10日

読むだけではなく、この本を参考に自分のキャリアビジョンを形成するには、良いと思う。そういう意味でも教科書なのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

キャリアの教科書 「自分の人生。自分の仕事」をつかむエンプロイアビリティの磨き方

Posted by ブクログ 2012年12月31日

"career"とは生きてきた轍であり、過去・現在をつなぎ未来に向かう線である。
自分が過去何をしてきて、現在何ができ、将来どう進んでいきたいか、他人に説明(プレゼン)出来るようになることが、キャリアと向き合う手っ取り早い方法だそうな。
今後将来のことを考える際は、この過去からの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

キャリアの教科書 「自分の人生。自分の仕事」をつかむエンプロイアビリティの磨き方

Posted by ブクログ 2009年05月19日

自分の人生をどう形作るかを科学的に分析したキャリア構築のための
教科書といった書籍。

キャリア構築のための考え方や、実践方法をうまく科学的にまとめており
ます。専門書としては非常に有用と思えます。
とくに3つのストーリ(詳細は本書で)は面白いアプローチかと。

ただ、もうちょっとコンパクトに纏って...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

キャリアの教科書 「自分の人生。自分の仕事」をつかむエンプロイアビリティの磨き方

Posted by ブクログ 2007年04月21日

「エンプロイアビリティ:雇われる力」を磨いて、自分の人生・自分の仕事を掴み取ろう!というコンセプトの、まさに「キャリアの教科書」。フィールドワーク、コンセプトワーク、ネットワークの3つのワークを通じて、生きる力を磨いてゆきます。

このレビューは参考になりましたか?

キャリアの教科書 「自分の人生。自分の仕事」をつかむエンプロイアビリティの磨き方

Posted by ブクログ 2005年05月26日

『自分のやりたいことは何かという視点から「思考のリストラ」をすることこそ、全てのビジネスパーソンが新しい自分の世界を開く突破口になる。
本当の自立がそこから始まる。』

この本では、「思考のリストラ」をするための5つの質問と3つのワークについて書かれている。就職活動・転職活動中の人や、自分のキャ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?