希代の英雄ユリウス・カエサルが自ら著した、壮大な遠征の物語。世界史上最も有名な古典を普及版として上・下巻で刊行。<上巻目次>解説/共和政末期のローマ/ガリアとガリー人/カエサル略歴/カエサルについて/ローマの軍隊/『ガリア戦記』について/第一巻(紀元前五八年)ガリアの地理と人種/ヘルウェティイ族との戦い/ゲルマニー人アリオウィストゥスとの戦い/第二巻(紀元前五七年)ベルガエ人との戦い/大洋沿岸部族の服従/第三巻(紀元前五七-五六年)山岳部族との戦い(前五七年)/大洋沿岸部族との戦い/アクィタニー人との戦い/北方部族との戦い/第四巻(紀元前五五年)ゲルマニー人との戦い/最初のゲルマニア遠征/最初のブリタンニア遠征/北方部族との戦い

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
288ページ
電子版発売日
2013年06月14日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • [新訳]ガリア戦記・上<普及版>
    通常版 1巻 800円(税込)
    希代の英雄ユリウス・カエサルが自ら著した、壮大な遠征の物語。世界史上最も有名な古典を普及版として上・下巻で刊行。<上巻目次>解説/共和政末期のローマ/ガリアとガリー人/カエサル略歴/カエサルに...
    カート

    試し読み

  • [新訳]ガリア戦記・下<普及版>
    通常版 2巻 800円(税込)
    遠征に終止符を打つガリア連合軍との一大決戦となった包囲戦は、ローマ軍にとっても死力を尽くす戦いとなった!<下巻目次>第五巻(紀元前五四年)第二次ブリタンニア遠征/エブロネス族による第十四軍団...
    カート

    試し読み

[新訳]ガリア戦記・下<普及版>

Posted by ブクログ 2013年08月14日

ガリアを平定するにあたり、一番の障害となったヴェルチンジェトリックスの対応が多くなる戦役6~8年目が書かれた下巻。上巻から引き続き、戦役の仔細はもちろん各ガリアの部族の風習や地勢、道具や文化まで幅広く書かれている。改めてカエサルの文才に驚かされる。
個人的にはところどころに入る翻訳・解説のスタンスが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

[新訳]ガリア戦記・上<普及版>

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月11日

ユリウス・カエサル自身が書いた、ガリアを平定した際の戦記。ただの戦記にあらず、その土地の地勢や風習、戦争の様子から武器の細かい様相までが事細かに書かれている。カエサル自身はこれをガリア平定後に出版させているから政治的な意図もあったのだろうけど、それとともにカエサルの文才がよくわかる読み物としても良く...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

[新訳]ガリア戦記・上<普及版>

購入済み

おもしろい

naichan 2017年09月11日

読み始めたら止まらないとはまさにこのことだと思う。
どこがどうとかは言いにくいけれど、スピード感と分かりやすさと面白さは、説明しようがない。ただ、淡々とすすんでいくのに、とても熱中してしまう。

このレビューは参考になりましたか?