脳が変わる生き方
作者名 :

1巻配信中

価格 540円 (税込)

要石とは、茨城県の鹿島神宮に実在する伝説の石。地表に出ている部分は小さいが、掘り進めていくとどんどん大きくなって、掘っても掘りきれないのだという。人間の脳も同じで、わかった、簡単だと思ってもそれは入り口に過ぎない。地表に出ている部分はごくわずか。地下にいったいどれくらいの巨大な塊が人類に知られることなく潜んでいるのか、現時点では見当もつかない。だから自分の正体がわかったと思わないこと。この「どうなるかわからない」という偶有性を楽しいと思えたら、人生は本当に素晴らしいと著者はいう。本書では、「脳の個性は、本人もわからない」「自分を知るための出会いを持つ」「他人を決めつけない」「とにかく出力してみる」「人の心がわかることが教養」など、人生を深めるためのヒントが満載。ベストセラー待望の電子化。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
232ページ
電子版発売日
2013年06月14日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

脳が変わる生き方

Posted by ブクログ 2015年12月04日

後悔することは、ネガティブな感情として敬遠されがちだが、現実にとった行動と、こうすればうまくいったのにという想像の比較が行われていて、つまりは未来を変えるために考え方を変えるきっかけとなっている。失敗や落第は、自分自身を変えるまたとないチャンスだと受けとること。

このレビューは参考になりましたか?

脳が変わる生き方

Posted by ブクログ 2014年08月24日

忙しくて原稿を書く時間がない茂木さんに代わって編集者がいろいろな講演をまとめてできた本。偶有性、釈迦の無記、学問することの究極の目的は、他人の心がわかること、など分かりやすい言葉でしかも親切な表記で「脳が変わる生き方」を説明している。夏目漱石やダニエル・ピンクの挿話も興味深い。欲を言えば、「格言」の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

脳が変わる生き方

Posted by ブクログ 2014年02月17日

<心にとまったこと①>
「仙台に生まれたからこそ、今の自分がある」ーーーこれは、ソチ五輪のフィギアスケート男子で金メダルに輝いた羽生結弦選手の言葉。(読売新聞2014.02.15より)

このインタビューをテレビで見て、すぐに思い浮かんだのが、この「脳が変わる生き方」です。

「ふるさとと和解できた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

脳が変わる生き方

Posted by ブクログ 2015年08月27日

戻れるとしたら、いつの時代に戻ろうか?
中学?高校?大学?・・・・
眠れないときはそんなことを考えています。
そうすると気がついたら寝ています。
ちょっとした想像の世界にトリップですが・・・

世の中には自分の意思とは別に
なんとなく導かれるようにそこに進んでいくことがあって
それを偶然と呼んだりし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?