観光名所から一〇〇〇年の流れがよくわかる! [図説]<時代順>京都歩き
作者名 :

1巻配信中

価格 849円 (税込)

『源氏物語』に代表される華やかな平安時代から、志士たちの動乱の舞台となった幕末まで、千年の歴史が同居する街、京都。これだけ長い時代の史跡が集中するのは、日本広しといえども京都だけ。しかし、エリア別の観光だと各時代の史跡が混在していて、時代の特徴や流れがよくわからない。せっかく千年の歴史を持つ街なのだから、各時代の空気感を味わいながら巡りたい。そこで本書は、平安・鎌倉・室町・安土桃山・江戸の各時代ごとにぜひ訪れたい史跡を整理。必ずしも観光スポットとして有名でなくても、歴史上欠かせないという視点から選別した。そのため、本能寺のように信長自刃時の寺は石碑しか残っていないという場所もあえて取り上げた。その上で歴史上の意義や隠れたエピソードを紹介し、通読すれば千年の流れがよくわかるよう構成されている。本書を片手に街を歩けば、きっと新しい古都の魅力に出会えるはず!

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
160ページ
電子版発売日
2013年06月14日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

観光名所から一〇〇〇年の流れがよくわかる! [図説]<時代順>京都歩き

Posted by ブクログ 2018年08月05日

京都は文化財、史跡など観光するところが多く、それぞれで歴史的背景に触れるのですが、色々見て回ると結局忘れてしまい、繋がりも分からずじまいだったりしますよね。
この本は、読みながら回ったわけではないですが、古代から近代まで時代順に主要な名跡と歴史を関連付けてくれます。

このレビューは参考になりましたか?