永世棋聖・米長邦雄が、急逝までの四年半、毎週綴った珠玉の将棋エッセイを単行本化。数々の棋士たちと、思い出に残る対局はもちろん、恋愛・結婚から、酒やギャンブルでの失敗談まで語り合う。将棋を指す人も、指さないけれど興味だけはある人も、気軽に楽しめるのべ81話の「天才」たちの人間模様。昭和の棋界を代表する棋士であり、二十一世紀の将棋界の体制を作った著者、米長邦雄の生涯の決定版!

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2013年06月14日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

将棋の天才たち

Posted by ブクログ 2018年09月14日

故・米長永世棋聖が語る、プロ棋士についての回顧録。

直接インタビューしてるのに加え、各棋士ごとに棋譜があり、とても勉強になった。

このレビューは参考になりましたか?

将棋の天才たち

Posted by ブクログ 2013年07月03日

故、米長邦雄が、将棋棋士の紹介をする。単なるお話だけでなく、その人の忘れられない対局も紹介する硬派な本。
人に対する好き嫌いも激しかったと聞くが、同じ将棋の世界に生きている人間に対する愛情を十分に感じられる。
好勝負を繰り広げた中原誠、加藤一二三への思い。内弟子とした先崎、林葉直子への愛情。羽生、渡...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

将棋の天才たち

Posted by ブクログ 2014年11月15日

2012年12年に亡くなられた大棋士米長邦雄先生が、週刊誌向けに連載していたものを綴った本。棋譜も紹介しながら、新旧含めた棋士のさまざまなエピソードが書かれている。自分もその中に含まれているのは珍しいとは思うが。
中原先生の57銀、大内先生の名人戦など、将棋界では有名な局面も紹介されているのは嬉しい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

将棋の天才たち

Posted by ブクログ 2013年07月13日

棋士列伝。棋士という人種は変人だらけだと思うのだが、マナーとして概ね極端な暴露話は控えるのが通例。それだけにひふみんのようなキャラ立ちした変人は貴重。この本で初めて知ったが、見合いの日に子供を作った森下卓九段(謹厳実直で知られる)もなかなかだ。

このレビューは参考になりましたか?

将棋の天才たち

Posted by ブクログ 2013年02月14日

 トークは加藤<米長なんだけど、活字化すると加藤>米長だなあ、と思っちゃった。構成力、という観点の話だが・・・しかし、元々紙幅の限りがある週刊誌連載で、漫談調の米長節には手に余るものだったのかもしれない。
 そう考えると、やはり米長節の面白さは随所に発揮されている。一つ一つのエピソードからは、人間個...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?