天女のように美しい幽霊が毎晩恋人のもとへ通う「牡丹灯籠」。夫に殺された醜い妻の壮絶な怨念を、祐天和尚が加持祈祷で払う「累」。そのほか江戸を代表する怪談から珍しい物語を集め、わかりやすい現代語訳紹介。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川学芸出版
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2013年07月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

江戸怪奇草紙

Posted by ブクログ 2009年05月29日

ご存じ「怪談 牡丹灯籠」から「妖怪談 稲生物怪録」まで。「日本人は概して怪奇譚を好む性質を有している。」とあるけれど、そうだとすれば、私も立派な日本人だ。かなり読み易い現代語訳。読み易すぎて、些か「怖さ」が減じた感はあるけれど。

このレビューは参考になりましたか?

江戸怪奇草紙

Posted by ブクログ 2010年06月19日

「牡丹灯篭」を筆頭に、江戸時代(一部近代)の怪談話を4編紹介しています。
とにかく手ごろ!これにつきます。
四谷怪談などに興味ある方は是非是非。

このレビューは参考になりましたか?