明治7年、秋。四国・松山に秋山淳五郎真之という6歳の少年がいた。淳五郎をはじめとする侍の子供たちは、武士が職を失ってすぐのこの時期、町人の子供たちにいじめられていた。だが淳五郎はどんな仕打ちを受けても決しても怯まず、仲間を助け、相手に立ち向かっていく…。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
電子版発売日
2013年07月08日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 日露戦争物語(1)
    完結
    通常版 1巻 594円(税込)
    明治7年、秋。四国・松山に秋山淳五郎真之という6歳の少年がいた。淳五郎をはじめとする侍の子供たちは、武士が職を失ってすぐのこの時期、町人の子供たちにいじめられていた。だが淳五郎はどんな仕打ちを...
  • 日露戦争物語(2)
    完結
    通常版 2巻 594円(税込)
    のぼサンが、白川精一郎に半殺しの目に遭わされた!激怒した淳五郎は、たったひとりで白川の大邸宅に殴り込む。出てきた用心棒を気迫で退けた淳五郎だったが、精一郎の父が真剣を抜いて現れて…。
  • 日露戦争物語(3)
    完結
    通常版 3巻 594円(税込)
    陸軍の軍人である兄・信三郎と禅寺修行のような生活を送る淳五郎。見かねたのぼサンは、淳五郎にソバをおごる。立ち食いソバを仲良くすするふたり。ところが、側を通りかかったチンピラ風の若い男に、のぼ...
  • 日露戦争物語(4)
    完結
    通常版 4巻 594円(税込)
    1884年12月、朝鮮の近代化を目指す金玉均らのクーデターは、第一段階においては成功した。だが、アジアのパワーバランスを見切って行われたその計画は、意外なところからほころび始める。そしてそのほころ...
  • 日露戦争物語(5)
    完結
    通常版 5巻 594円(税込)
    明治19年12月。海軍兵学校・第五分隊に属する真之は、上級生の鉄拳指導を食らいつつ、厳しい訓練を積んでいた。そんなある日、短艇(カッター)訓練により、各分隊でスピードを競うことになった。分隊同士...
  • 日露戦争物語(6)
    完結
    通常版 6巻 594円(税込)
    明治23年12月。練習艦「比叡」「金剛」で地中海に入った真之たちは、ロシア皇太子・ニコライを乗せた巨大な戦艦とすれ違った。練習艦の倍以上の威容を誇る戦艦に、真之たちは息を呑む。東洋諸国に軍備を誇...
  • 日露戦争物語(7)
    完結
    通常版 7巻 594円(税込)
    のぼサンは幸田露伴に自分の作品の持ち込みを決行。だが、すぐに読む気配のない露伴にのぼサンは疑問を抱く。感想を聞くため、翌日また露伴宅を訪ねたが、露伴の兄・郡司茂忠(しげただ)に千島列島へ行く...
  • 日露戦争物語(8)
    完結
    通常版 8巻 594円(税込)
    帝国海軍連合艦隊参謀の真之は、藩閥がモノをいう古い体質に逆らおうとするが、力づくで物事を進めようとする薩摩出身の上官にこっぴどく打ちのめされる。それでもなお合理的に戦法を説く真之だったが、猪...
  • 日露戦争物語(9)
    完結
    通常版 9巻 594円(税込)
    朝鮮王妃・閔妃(ミンビ)は、自分の一族を殺した開化派のリーダー・金玉均の暗殺を企んでいた。10年前にクーデターを起こすも失敗し、以来日本に亡命していた金玉均は、日本の世論をリードする福沢諭吉と...
  • 日露戦争物語(10)
    完結
    通常版 10巻 594円(税込)
    明治27年7月19日。清国海軍に遅れること3日、日本海軍も佐世保に集結した。現在、朝鮮国内に展開する日本兵は八千。対する清国兵は二千五百。新たに一万の派兵準備を開始した清国軍に対し、日本軍も連合艦...

日露戦争物語(1)

Posted by ブクログ 2012年10月20日

サムライ、西洋、明治。
日本という時代の変わり目がここまで生き生きと描かれているとはさすが江川達也だ。
ひょっとしたら、現代日本も明治維新のような佳境なのかもしれない。
社会を変えてやる。

このレビューは参考になりましたか?

日露戦争物語(1)

Posted by ブクログ 2011年12月02日

坂雲ファンにおすすめの漫画、『日露戦争物語』。

この1巻から海軍兵学校のあたりまでが一番楽しいですw
真之が活き活きと暴れまわっております。

このレビューは参考になりましたか?

日露戦争物語(22)

Posted by ブクログ 2008年02月18日


「頭の固まらん内に新聞は読むな」


最初の頃の主人公
 秋山淳五郎真之が兄

秋山信三郎好古にこう諭される。



なるほど!



「十分事足る」

という精神は

日常が戦場だったという生活に現れている。



この作品は正確には

「日清戦争物語」


途中で打ち切られたの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

日露戦争物語(21)

Posted by ブクログ 2006年12月16日

内容が濃いです。常人離れした情報収集をしているので、漫画なのに史料のようです。歴史小説ははっきり言って筆者の空想や願望がありますが、これは漫画といえど真実味と醍醐味があって読み応えは十分。
ちょっと疲れるかもしれませんが(笑)

このレビューは参考になりましたか?

日露戦争物語(2)

Posted by ブクログ 2006年09月05日

秋山真之、兄上とわくわく東京暮らし。「そんなもの締めるな」で2ページまるまる占領してしまう兄が愛しい。

このレビューは参考になりましたか?

日露戦争物語(21)

Posted by ブクログ 2006年09月03日

日露戦争物語といいつつ、まだ21冊目にして日清戦争真っ最中……このペースであと10年後、しかもタイトル通りの日本海海戦までいつ着けるのか(本当に着けるのか)心配しているのは私だけではないはず……しかし丁寧な描写、解説、そして似顔(似てる!)、その労力に脱帽。この巻は立見尚文による戦略、戦術の解説が面...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

日露戦争物語(1)

Posted by ブクログ 2011年11月22日

単行本第1巻
秋山淳五郎真之の物語。

この巻は面白かった。 冒頭のくだりと淳が信三郎兄上と別れる場面で泣いた。淳が庄治・光助らと仲直りする場面で和んだ。

このレビューは参考になりましたか?

日露戦争物語(2)

Posted by ブクログ 2011年11月22日

単行本第2巻は面白い。

淳が白川精一郎義則に奇襲を用いて勝った場面、秋山信三郎好古に再会してからの暮らしなどを楽しく読んだ。

登場人物
秋山淳五郎真之、正岡升、二宮忠八、白川精一郎義則、秋山信三郎好古、秋山善四郎など

心に残った言葉
善四郎「淳…勉強じゃ淳! もっともっと異国のことを知って、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

日露戦争物語(3)

Posted by ブクログ 2011年11月22日

単行本第3巻は面白い。

淳の共立学校時代、東大予備門に受かるまでや金玉均の反乱などを描く。

高橋是清・南方熊楠が登場し、彼らの言動を興味深く読んだ。

白川精一郎義則が教導団の試験を受けている場面は泣いた。

登場人物
秋山淳五郎真之、秋山信三郎好古、正岡升常規、南方熊楠、高橋是清、白川精一...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

日露戦争物語(4)

Posted by ブクログ 2011年11月22日

単行本第4巻は面白い。

金玉均の反乱失敗、淳の東大予備門・海軍兵学校時代を描く。明治18年。

正岡と塩原金之助の出会いや南方熊楠の退学の場面、淳が海軍兵学校で鍛えられる場面などを興味深く読んだ。

登場人物
秋山淳五郎真之、秋山信三郎好古、正岡升常規、南方熊楠、白川精一郎義則、金玉均、徐載弼、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?