「呪い」という負のエネルギーは侮れません。それは現代社会で様々な形をとって、リアルに心身を蝕んでいるものなのです。宗教哲学者・鎌田東二さんの『「呪い」を解く』では、その起源を解き明かしつつ、酒鬼薔薇事件やオウム真理教事件を題材に、私たちの心身の「魔境」のメカニズムに斬り込みます。「魔境」に潜む強烈なエロティシズムや狂気を極めて意識的に利用した麻原彰晃の禁断の性技法とは? 自ら激しい修行を経てきた著者だからこそ明かせた異端書。衝撃度120%の、人生観が変わる1冊です!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2013年06月14日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

「呪い」を解く

Posted by ブクログ 2014年12月03日

オウム真理教事件の宗教的側面から見た総括的な内容です。 釈迦の教えからの見地あり、著者の修行体験からの見地あり。 修行の果てに辿り着いた地獄、修行とは自分で自分に呪いをかけるようなものなのか。 読む人それぞれの苦悩を浮き彫りにしてまた解脱への鍵が見つかる一冊。 修行中の人か呪詛にかけられた人におすす...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?