為替相場は貿易収支やユーロ不安などの要因で円安や円高に振れるわけではない。為替は外為市場に参加している投資家が抱く「予想インフレ率の差」で動く。そして、これに影響を与えることができるのは、中央銀行の政策だ!――アベノミクスにより日銀が適切な金融政策を行い1ドル=105円の円安になれば、日本の株価や雇用、財政赤字はどう好転するか。マネックス証券のチーフエコノミストが過去の円安局面を元に詳細に分析。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2013年06月14日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

「円安大転換」後の日本経済~為替は予想インフレ率の差で動く~

Posted by ブクログ 2014年11月27日

日本の円高が日銀の政策不足と海外(アメリカ)との予想インフレ率の違いが関係していると説いている。
終始一貫して日本のデフレ脱却のためには円安が必要だと。
アベノミクスが円安株高に向かった。作者の予想通りに進展してきている。
本のとうりになるのか楽しみである。
ただし、1ドル=105円はとうに過ぎてし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「円安大転換」後の日本経済~為替は予想インフレ率の差で動く~

Posted by ブクログ 2014年01月28日

他人の著書に対して辛辣な意見を付している。データを確認することなく勘や思い込みを基に著された事実誤認の記事がまかり通っていると真に手厳しい。円安・円高、デフレ・インフレ、いずれも長所があり、短所がある。定量的に示すものがあれば分かりやすいのだが、本書は決してそうはなっていない。冒頭威勢のいい言辞に大...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「円安大転換」後の日本経済~為替は予想インフレ率の差で動く~

Posted by ブクログ 2013年05月23日

日銀の量的緩和の重要性について詳しく書かれていて分かりやすい。
「大規模な量的緩和は危険だ」という意見もよく耳にするので、果たして日本経済はどこへ向かっていくのか、様々な見解を元に考えるのは面白い。

このレビューは参考になりましたか?

「円安大転換」後の日本経済~為替は予想インフレ率の差で動く~

Posted by ブクログ 2013年04月29日

数値を用いて丁寧に説明されているように見受けられるが、
この人にとっていい面だけを取りあえげているようにも読める。

例えばあるドル円と日米ベースマネー比率の相関に関してだが、
たしかに相関があるように見えるが、明らかに見ないところがある。
明らかに見えないところを理論的に補足してくれている。
が、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?