人は、その人の道しか、歩いてはいけない。でも、その人の道だけは、好きなように歩ける。自分が自分の道を歩くことが、人の道を支持することになる――体のことを考えながら奔走する日々。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年06月10日
紙の本の発売
2013年03月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

自分の体を好きになりたい つれづれノート(23)

Posted by ブクログ 2013年04月23日

「つれづれ」、しばらく読んでいなかった。
見たところ、20,21,22と、手にとっていないようだ。

でも、やっぱり銀色夏生の考え方、好きだーーーーーっ。

そうだったそうだった、こんな風だった、と読みながら、付箋を貼る。


・私は、嫌われてもいいから自分の好きなようにしたい、私は自由だと思った。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自分の体を好きになりたい つれづれノート(23)

Posted by ブクログ 2013年04月09日

題名からして、はっとした。 
つれづれはずっと読み続けているが、読む度に違う場所がヒットする。
ある意味、つれづれはオラクルカードのような働きをしているのではないかと思う。
より自由にのびのびと、もちろん悩みつつ、驀進される様子にいつも勇気をもらっている。

このレビューは参考になりましたか?

自分の体を好きになりたい つれづれノート(23)

Posted by ブクログ 2013年07月01日

出版されると必ず読んでしまうつれづれノート。
このところスピリチュアルなことを多々発信している
みたいだけど、今回のは以前のように日常の暮らしぶりを
淡々と書くというスタイルに戻ったかのよう。
私はその方がすきだな。銀色さんの生活は淡々としつつ、
おもしろいから。
今回いちばん笑ったのがパソコンが壊...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自分の体を好きになりたい つれづれノート(23)

Posted by ブクログ 2013年04月01日

もうずっと同じ感想を書いてるんじゃないかと思うけど、日常のこまごましたこと、ごはんやおやつを何食べたとか、子どもとの会話とか、その日あったこととか、そういうなんでもない日記の部分は、本当になんていうこともないんだけど、なぜかすごくおもしろく感じられて、楽しくて、いつまでも読んでいたいほど。なんという...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自分の体を好きになりたい つれづれノート(23)

Posted by ブクログ 2013年03月31日

待望の最新刊。一時購読を止めたけど
21位からまた読みやすくなりまた楽しみにしている。
今回は更に以前のつれづれに戻った感じで
何を作って食べたとかの記載も多く
あとはカーブス(30分エクササイズ)やMBTの靴や
気功や針など色々な健康に興味を持って取り入れていて
それをまた飽きちゃったりするのかな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自分の体を好きになりたい つれづれノート(23)

Posted by ブクログ 2013年03月29日

ここのところの個人的な観察テーマが人格や性格の形成なので、
かんちゃんとさくぼうの違いが興味深い。
銀色さんの性格の中で、それぞれ違う部分と、そして同じ部分も
しっかりと受け継いでいるなあとも感じた。

このレビューは参考になりましたか?

自分の体を好きになりたい つれづれノート(23)

Posted by ブクログ 2013年12月17日

活動的な時期、その反動でどん底の時期、それぞれ経て
ふわっと上昇、また確固たる道を見出した様子。

カーカはもうすっかり大人、頼もしい相棒に成長…。
10歳の時の自分からの手紙、マロンのくだりはおかしくて吹いた。
マロン、嵐のようだったマロン、うぅん懐かしい。

さくくんは元々の性格と思春期があいま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自分の体を好きになりたい つれづれノート(23)

Posted by ブクログ 2013年06月30日

かんちゃん、ちょっとギャルっぽかった高校時代は行く末を心配していましたが、高校を卒業してから急に落ち着いて、どんどん大人になっていきますね。本文に関して言うと、お手紙やメールの掲載はいらないです。

このレビューは参考になりましたか?

自分の体を好きになりたい つれづれノート(23)

Posted by ブクログ 2013年04月23日

子供たちも成長して、うわぁ〜っと新しいことを始めた波も落ち着いて、またなんとなく読みやすくなった印象。ところどころで「あぁおんなじ思いしてるんだなぁ」って共感できるとこがいいとこ。崇拝してる人が多そうなのでイベントに足を運ぶ気にはならないけど、それでもずっとずっと読み続けることには変わりないな。

このレビューは参考になりましたか?