警視庁の片山刑事と晴美の前に現れたのは“この世の終りが来る”と唱える人々たち。彼らの<教祖>様とは一体…!? 事件の真相を求め片山刑事が三毛猫ホームズと共に奇妙な事件を解決していく! 第36弾。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年06月10日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

三毛猫ホームズの最後の審判

Posted by ブクログ 2014年07月06日

2000年の頃の話。ノストラダムスや2000年問題。懐かしい!!
一気に読んでしまった。誘拐を誤解した母親に「運が悪かったな」の一言というは軽すぎるよな気もする。それが、持ち味なのかもしれないが。

このレビューは参考になりましたか?

三毛猫ホームズの最後の審判

Posted by ブクログ 2014年03月16日

「三毛猫ホームズ」今年2冊目。
のんきな雰囲気とはうらはらに、「えっ!そんなぁ…」って感じで人は死ぬ。
とはいえ、軽妙な文体とキャラクター設定により(猫が名探偵だものね)重苦しさはない。
通勤通学のお供におすすめ。

このレビューは参考になりましたか?

三毛猫ホームズの最後の審判

Posted by ブクログ 2014年02月02日

20140202

読書録「三毛猫ホームズの最後の審判」3

著者 赤川次郎
出版 光文社

P88より引用
“評論家といっても、「評論」を書かないのが大部分という状況
の中、並木も、ご多分に洩れず、ほとんどの仕事はTVのトーク番
組やニュースショーのコメンテーター。”

 目次から抜粋引用
“天の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?