戸川ゆり子、23歳。大学の音楽サークルで、バンドのボーカルとギターを担当している。カラッとした性格の彼女は、後輩の男の子たちに慕われる人気者。だがその頼られまくりの状況がイヤになり、あっさり大学を辞めてしまった。かといって、その後の生活のあてはない。半年後、久しぶりに出掛けた商店街のライブハウスはつぶれており、そこで偶然再会した以前のバンド仲間・藤井も金髪・ツンツンのパンクヘアーを、ごく普通の髪形にして就職活動をしていた。さらにアパートに帰ると、なんと火事で丸焼け。24万円したギターもアンプも、通帳も印鑑も全部灰になってしまった。土手に寝ころがって呆然とするゆり子。そんな彼女の前に、ゆり子を心配して探しに来た藤井がやって来た…

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
サンデーGX
ページ数
208ページ
電子版発売日
2013年06月10日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 素晴らしい世界(1)
    完結
    通常版 1巻 594円(税込)
    戸川ゆり子、23歳。大学の音楽サークルで、バンドのボーカルとギターを担当している。カラッとした性格の彼女は、後輩の男の子たちに慕われる人気者。だがその頼られまくりの状況がイヤになり、あっさり大...
  • 素晴らしい世界(2)
    完結
    通常版 2巻 594円(税込)
    コウタ少年は、医者の父親から「父さんのようにエリートになれ」と勉強漬けの日々を送らされてきた。反発した彼は、とある英才教育塾から普通の塾に移り、テスト用紙を折り紙にしたり人生について語ったり...

素晴らしい世界(1)

Posted by ブクログ 2013年03月18日

すごく好き。

日常の、現実の世界の中で抱える
不安、焦り、もやもや。
それらと向き合っていくしかないんやけど、
そのなかでふと気づく幸せ。

何度でも読みたくなる。

このレビューは参考になりましたか?

素晴らしい世界(2)

Posted by ブクログ 2013年02月07日

黒い犬になる死神の女の子の存在がなにか愛おしい。

桜の美しさ
幸せ

時の流れの残酷さと愛おしさを感じさせてくれる。

幸せな時っていうのは、その幸せが終わることに怯えている瞬間でもある。

この街は今日も平和だ。

このレビューは参考になりましたか?

素晴らしい世界(1)

Posted by ブクログ 2013年01月09日

おやすみプンプンに比べて、浅野さんの絵がまだ荒いことにほっとした。

現代の若者の生きづらさや闇をゆるくも明るく描きだしている。

夢も希望も叶わない現実ばっかりの世界で、
生きてる意味って?
ないかもしれないけれど、
そんな登場人物たちにふと暖かさのようなものが灯って、
愛しくなったりする。

このレビューは参考になりましたか?

素晴らしい世界(2)

Posted by ブクログ 2012年07月07日

やめたくなかったならやめるな、大学/メッセージ性を持たせるには、ある程度の余白が必要/タイトルは中村一義より

「考えることのいっさいをやめてしまう新しい流行病」に☆5つ。

このレビューは参考になりましたか?

素晴らしい世界(1)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年03月13日

自分が読んだマンガで好きなもののひとつ。
人それぞれいろんな生き方があるってことを
再認識できる。
くだらない世の中かもしれない。
でも考え方しだい。
自分に力を与えてくれる一冊。

このレビューは参考になりましたか?

素晴らしい世界(1)

Posted by ブクログ 2011年08月21日

ほんとに良い!
浅野いにおの明るいエッセンスが存分に含まれています
日常のふとした幸せに気づけるかもしれません
泣けます

このレビューは参考になりましたか?

素晴らしい世界(2)

Posted by ブクログ 2010年06月30日

1・2巻と続けて読んでると登場人物たちの関係性が見えてきますし、世界に浸食してる「何か」の正体も明らかになります。
なんとなくやりきれないもどかしさや寂しさがこみ上げてきましたが読み終わった後は爽やかでした。

「砂の城」の彼女にサトは忘れてないよと伝えてあげたい。

このレビューは参考になりましたか?

素晴らしい世界(1)

Posted by ブクログ 2010年06月10日

何故かはわからないけれど、何度も何度も読み返してしまいます。浅野さんはなんてことのないような、でもその人にとっては特別な、そういった日常に隠れている一コマを描くのが本当に上手だと思います。だから読んでいて少し痛い。自分のことを言われているような気分になってしまうから、たまにモヤっとする。でも、抜け出...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

素晴らしい世界(1)

Posted by ブクログ 2010年05月16日

浅野いにおのデビュー作。浅野いにおの中では一番好きです。
熊さんの話は、是非ショートフィルムで映画化してください!
「いにお」って「にいお」で覚えちゃう人多いよね?

このレビューは参考になりましたか?

素晴らしい世界(1)

Posted by ブクログ 2010年04月29日

生きる種類を考えさせられる。かけ離れているようだけど、いつ彼らが自分に重なるのかわからなくて、現実逃避を許されない感じがした。でも、そのリアリスト感が愛しい。

…よくわからん感想。笑

このレビューは参考になりましたか?