人と化生のあいだに生まれた安倍晴明。陰陽師として類い希なる力を持っていた彼には貴族から依頼がたえない。ある日、賀茂祭を見に行った晴明は、外つ国からきた、化け物と鉢合わせするが――!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年06月10日
紙の本の発売
2013年03月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明

Posted by ブクログ 2014年12月21日

十二神将を従える過程ずっと読みたかったので、若き晴明のお話、興味深く読みました。この後も色んな経験を積んで、そして、あのようなじい様になったんだなぁっと。

このレビューは参考になりましたか?

我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年04月05日

少年陰陽師はある程度(颯峰編まで)読んである、という前提で書いております

まず、安倍晴明の話、というよりは、少年陰陽師の外伝として見たほうが楽しめると思います。少年陰陽師未読でも読めはするだろうけど、十二神将を使役した時のエピソードがメインになっているので、どうしても少年陰陽師の方で十二神将のこと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明

Posted by ブクログ 2013年08月24日

(自称?)親友?斎とか師匠の賀茂忠行との関係や、橘家の姫君との馴初めとか。
安部晴明を取り巻く環境が窺える文章もありますが、
この小説の大部分は、十二神将とのやり取りでした。
十二神将というからには十二柱いる訳で、
晴明が一柱づつ四苦八苦しながら対峙して式に下していきます。
その際に突きつけられる問...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明

Posted by ブクログ 2013年04月19日

敵のオチが…ちょっとがっかり。
さらーっと読めたけどそれだけで終わっちゃったなぁ。尻切れトンボなような。
彼女の首のあれはそのままで終わり?なのか。
少年~の方を読んだことがないから、読んでれば感想もまた違ったのかも。

このレビューは参考になりましたか?

我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明

Posted by ブクログ 2013年03月30日

若かりし頃の晴明が、大陸からきたという化け物を倒すために十二神将を式に下す旅(戦い?挑戦?)に出る。少年陰陽師シリーズとは少し違った十二神将たちが見られて面白かった。物語の後半になってやっと、タイトルの意味が分かってなるほどと思った。晴明と橘の姫のその後も読みたい。

このレビューは参考になりましたか?