サッカー雑誌の女性カメラマン・緒形は、ある時、アマチーム「東京クルセイド」の取材を命じられる。そのチームの選手応募要項は「脚のきれいな選手求む!」…ふざけたチームだと、しぶしぶ河川敷に出かけた緒形だったが、そのチームとは別に、ある才能に出会う!河川敷を根城に、草サッカーチームの助っ人をしている“ジョーカー”こと沖千尋だった。その才能に目をつけた「東京クルセイド」の監督も、千尋をチームの助っ人として依頼する。「パスミスになるけど…」-全力でやるように監督に言われた千尋は、大胆な発言をする。初めは宣言通りパスミスを繰り返していた千尋だが、チームメイトが彼の実力を認め、彼の意図通りに走り出したらパスが面白いようにつながるようになる。これだけの才能がなぜ、今まで埋もれていたのか?試合後、チームメイトの誰もがそう思いつつも、千尋をチームに迎え入れようとする。だが、当の千尋がそれを拒否!今をときめく高校現役Jリーガー、一ノ瀬迅とも浅からぬ因縁がありそうな千尋、彼の正体は一体…!?また、「東京クルセイド」監督が求める「脚のきれいな選手~」の真意とは!?

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスペリオール
電子版発売日
2013年05月30日
紙の本の発売
2010年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • フットボールネーション(1)
    通常版 1巻 594円(税込)
    サッカー雑誌の女性カメラマン・緒形は、ある時、アマチーム「東京クルセイド」の取材を命じられる。そのチームの選手応募要項は「脚のきれいな選手求む!」…ふざけたチームだと、しぶしぶ河川敷に出かけた...
  • フットボールネーション(2)
    通常版 2巻 594円(税込)
    一風変わったカントク・高橋のもと、本気で天皇杯優勝を目指すアマチーム「東京クルセイド」--だが、チームの中心になろう沖千尋は年齢制限で本大会まで出られない。そんな中、千尋の働きで、「東クル」...
  • フットボールネーション(3)
    通常版 3巻 594円(税込)
    本気で天皇杯優勝を目指すアマチーム「東京クルセイド」は、沖千尋抜きで本選出場を決めるが”二人の秘密兵器”に思わぬ欠陥が露呈し、不安を抱えていた…!?一方、記者・三枝に、突然”友達”千尋の話を振られ...
  • フットボールネーション(4)
    通常版 4巻 594円(税込)
    天皇杯2回戦・RSユース戦で、東京クルセイドは前半”誤審”を恐れ「撃たせて捕る」作戦を展開。しかし、弱点・右SBを相手の10番に衝かれ、千尋がナイスカバーをするが、ファウルを取られ、FKで1点を...
  • フットボールネーション(5)
    通常版 5巻 594円(税込)
    次戦の天皇杯3回戦は、J2湘南ウェイブズとの対戦。東京クルセイドの守備陣は、ゴールキーパー・イワンのコーチングのなさに最大の不安を感じていた。湘南ウェイブズは、新加入の外国人フォワード二人と左サ...
  • フットボールネーション(6)
    通常版 6巻 594円(税込)
    元日本代表選手を父にもつユース選手・楠木に、対戦相手だった東京クルセイドの監督・高橋は、周辺視野と走り方の大切さを説く。一方、次戦の天皇杯4回戦はついにJ1のプロチームとの試合。しかし、ボランチ...
  • フットボールネーション(7)
    通常版 7巻 594円(税込)
    天皇杯4回戦で沖千尋を欠いたままJ1のバクレータ高知と一進一退の激戦を繰り広げる東京クルセイド。イワンの声が出るようになり、少しずつ本調子に戻ってきたクルセイドは… 一方、千尋は引きこもっている兄...
  • フットボールネーション(8)
    通常版 8巻 594円(税込)
    天皇杯準々決勝、東京クルセイドに対するは日本代表クラスの選手を多数擁するJ1の古豪・愛知サッカークラブ。 愛知SCの主力温存という油断をつき前半から2点のリードを奪った東クル。 綿貫やトカヴィッチな...
  • フットボールネーション(9)
    通常版 9巻 594円(税込)
    東京クルセイドの正ゴールキーパー・イワンが出場できないことになった天皇杯準決勝。 対するは、日本代表ゴールキーパー・石堂を擁し、優勝経験豊富な強豪・アスレティック北海道。 勝敗は第2ゴールキー...
  • フットボールネーション(10)
    通常版 10巻 594円(税込)
    イワンが出場出来なくなった天皇杯準決勝。 舞台は大阪、対する相手は日本代表GKを擁するアスレティック北海道。 試合開始早々に宇田川のミスで東京クルセイドが失点。 沖やマリオ、鳥海が果敢に攻めるも...

書店員のおすすめ

サッカー日本代表の試合を見て、「長友と本田だけ、なんか違う」と思ったこと、ありませんか?または一昔前の日本代表を見て、「中田英寿だけ、なんか違う」と思ったことは?
フットボールネーションには、その「なんか」の理由がきっちり描かれています。
あくまで科学的に、なぜ日本のサッカーは世界のトップレベルではないのか、その原因はどこにあるのかを描いており、とんでもないスーパープレーや努力・友情を描くこれまでのサッカーマンガとは一線を画した内容に目から鱗です。
ドラマチックな試合展開、エキサイティングなスーパープレー、個性的なキャラが描かれているわけではありませんが、「科学的に」サッカーを読み解くことに興味がある方は、必読です。
このマンガをきっかけに、歩き方一つとっても「あの人、なんか違う」と思われることがあるかも!?

フットボールネーション(11)

購入済み

ぱねぇ、相変わらずパネェ

ネズミ宰相 2017年12月10日

知見を提供してくれるこの漫画は、非常に感動ものです。半端ねぇ、大迫くらい、半端ねぇと思います。おススメし過ぎたいくらいおススメです。

このレビューは参考になりましたか?

フットボールネーション(12)

Posted by ブクログ 2018年08月08日

 12巻では、いよいよ天皇杯決勝が始まり、沖と一ノ瀬の対決が始まっている。
 とはいえ、本作の主軸はあくまでフィジカル面や認知の面でのサッカー強化であり、その点で言えば今回は姿勢や走り方に焦点が当てられている。
 いわゆるスぺ体質と言われるような、故障しがちなタイプの一例として横浜ユナイテッドの選手...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

フットボールネーション(12)

Posted by ブクログ 2018年07月04日

再び「足ゆび」についての長い(笑)説明が入る。読んだ後は、500ml缶潰しを意識して歩いている自分がいた! 現存しない国立競技場、時は元旦、天皇杯決勝に進み、J1覇者と対戦する東クルに惹き込まれる。

このレビューは参考になりましたか?

フットボールネーション(12)

購入済み

またもや新たな知見

ネズミ宰相 2018年06月22日

サッカー選手ならば知るべき知見を、またもや提示いただけており、感激です。

このレビューは参考になりましたか?

フットボールネーション(11)

Posted by ブクログ 2017年12月16日

天皇杯準決勝PK戦。ここまで勝ち上がってきたアマチュアチームに、サッカー専門誌以外に一般週刊誌の記者も嘴を突っ込んできた。それもサッカーとは懸け離れた選手個人の過去。それに踊らされる民度の低さ。最低な奴らはネットに匿名で誹謗中傷を書き込む。フリーになった記者・三枝が日本のサッカー、スポーツ文化に物申...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

フットボールネーション(11)

Posted by ブクログ 2017年11月19日

ついに天皇杯決勝まで進んできた東京クルセイド。立ちはだかるのは、横浜ユナイテッド。なんだけど…その前に恒例のマスコミによる醜聞探しです。情報公開といえばそれまでだけど、面白おかしく騒ぎ立てることしかしない輩が掲げる大義名分のうるささ。沖の少年院経歴も、現在はセカンドチャンスの途中と考えてくれればねぇ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

フットボールネーション(11)

Posted by ブクログ 2017年11月08日

 天皇杯準決勝PK戦の途中から始まり、決勝に上がった東京クルセイドを取り巻く醜聞を取り扱った11巻である。
 ストーリー的には年少出身である主人公を皮切りにした醜聞と、そこから浮上した八百長疑惑、その疑惑解消によって決勝が横浜ユナイテッドと東京クルセイドで決定する展開となり、いよいよ因縁がぶつかるこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

フットボールネーション(3)

Posted by ブクログ 2017年09月06日

新外国人おもしろい。オフサイドは審判員として、特に副審としての判定するのも難しい。あとがきにもある通り、サッカー(漫画を含む)を観るのにも、競技規則を知っていたほうが面白いと思う。ユースチームとの試合、そして長欠のSBがどうなるか? 続きが気になる!

このレビューは参考になりましたか?

フットボールネーション(2)

Posted by ブクログ 2017年09月06日

このカバーも良い。体軸がきれい、ということを本巻を読んで実感した。浦安大(ってもしかしてM大?)の練習参加を通じて、インナーマッスル講座みたいになったが、自分も試してみたくなった。

このレビューは参考になりましたか?

フットボールネーション(4)

Posted by ブクログ 2017年08月31日

気付けば午前0時を回っていた。理屈っぽい台詞回しだが、東クルと対戦する選手の違和感を説明するには必要なことかも知れない。本巻前半ではレフェリーの技量不足に言及しているが、自分が審判員であるため、天皇杯予選を担当する審判はそこまで酷くないと思うのだが……実際こんな夢のようなチームの試合を審判してみたい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?