桜の樹の下で盗んだのは、一枚の呪いのお札だった。それ以来、掏摸(すり)を働いた桐の周囲で、気味の悪い出来事が頻発。悩んだ桐は、妖怪雑事相談所「深山木薬店 改」を訪ねるのだが……。果たして、師匠も兄貴もいなくなってしまった“薬店”で、ひとり頑張るリベザルは真相に辿り着けるのか? 新シリーズ開幕! (講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
432ページ
電子版発売日
2013年04月12日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • ソラチルサクハナ 薬屋探偵怪奇譚
    通常版 1巻 750円(税込)
    桜の樹の下で盗んだのは、一枚の呪いのお札だった。それ以来、掏摸(すり)を働いた桐の周囲で、気味の悪い出来事が頻発。悩んだ桐は、妖怪雑事相談所「深山木薬店 改」を訪ねるのだが……。果たして、師匠も...
  • 天上の羊 砂糖菓子の迷児 薬屋探偵怪奇譚
    通常版 2巻 750円(税込)
    姉は本当に事故死だったのか? 傷ひとつない綺麗な遺体に、納得できないでいた妹は、妖怪雑事相談所「深山木薬店 改」を訪れる。調査に乗り出すリベザル、座木、そして秋。親の死後、妹のために身を粉に...
  • ダウスに堕ちた星と嘘 薬屋探偵怪奇譚
    通常版 3巻 864円(税込)
    鬼の妃が棲んでいたという伝説が残る埼玉県鬼前町の公園で、通りすがりの人間が地中に引きずりこまれ、その前後の記憶を失ってしまう事件が発生。『枕石公園の怪異を調べて下さい』との依頼を受けた妖怪雑...
  • 遠に呱々泣く八重の繭 薬屋探偵怪奇譚
    通常版 4巻 745円(税込)
    薬屋店長に復帰した秋に早速舞い込んだのは、「おれの友達が、事件を起こしているかもしれない」という中学生からの調査依頼だった。「Aに関わると不幸に遭う」そう噂される男子生徒の周りでは不可解な事故...
  • 童話を失くした明時に 薬屋探偵怪奇譚
    通常版 5巻 831円(税込)
    祖父から譲り受けた本の内容が書き変わってしまう。こんな呪われた本を遺した祖父は、私を恨んでいたのでしょうか? 孫娘からの依頼を受けた探偵鬼鶫。しかし彼の実力を知る助手の佐々は、秘かに深山木薬店...
  • 来鳴く木菟 日知り月 薬屋探偵怪奇譚
    通常版 6巻 810円(税込)
    密室で墜落死した男の口から、「深山木薬店」の名刺が見つかった。店長の秋にかけられた殺人容疑を晴らすため、座木は妖世界で囁かれるある噂の調査を開始。リベザルは事件現場へ向かい、奇妙な言葉を呟く幼...
  • 星空を願った狼の 薬屋探偵怪奇譚
    通常版 7巻 777円(税込)
    雨降る冬の夜、「深山木薬店」の店主・秋が何者かによってさらわれた。空っぽの部屋に残されていたのは、不可思議な一枚のメモ。『鵺(ぬえ)は始まり。十六時間が区切り、災厄は一つ。四つ数えるまでに、交換だ...

星空を願った狼の 薬屋探偵怪奇譚

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年09月03日

脅迫状が残され、秋が拐われた
秋の記憶喪失

歌の告白

灯視の依頼の完遂

さすが付き合いの長いカイとゼロイチ

このレビューは参考になりましたか?

来鳴く木菟 日知り月 薬屋探偵怪奇譚

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年12月26日

遺体の口から発見された深山木薬店の名刺。
秋の事件への関与を疑う高遠。
疑惑を払拭するために秋は自ら高遠と行動を共にする。

ヘラに「よくない悪魔が入ってきた」「不幸にする相手を探しているみたい」と聞かされたザギが風冬に協力要請。
ヘラがザギの助手に立候補!

薬店で秋と風冬でチェス

秋は犯人が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遠に呱々泣く八重の繭 薬屋探偵怪奇譚

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年12月26日

友達六箇条。正体不明の中学生からの依頼でザギが教師として潜入調査。
秋&リベザルは立て籠り強盗に遭遇。
ゼロイチと(ちょっぴり釣り合わない)物々交換。
中学生の大好きだからこそ言えなかった本音。
学校の秘密。
歌とのサッカー観戦の約束。
「僕しかいないよ」

このレビューは参考になりましたか?

天上の羊 砂糖菓子の迷児 薬屋探偵怪奇譚

Posted by ブクログ 2013年11月10日

姉の死因を探る妹と
天狗を探す小学生

天狗探しに付き合う秋が、引っ越しした「花花」発見


遠慮がちな秋
(背中を押すゼロイチ)

頑張るリベザル

過去の関係者との再会に戸惑うザギ

このレビューは参考になりましたか?

天上の羊 砂糖菓子の迷児 薬屋探偵怪奇譚

Posted by ブクログ 2013年08月04日

薬屋怪奇談シリーズ第2弾。
今回の依頼はザキさん経由。今回も過去の作品に登場したキャラクターがそこかしこに。(歌さんはいつバラすんですかね。)
姉の死に納得できない妹からの依頼を受けたリベザルくん。彼は真実にたどり着けるのか!

…また妖綺談読み直さなきゃかしら?

このレビューは参考になりましたか?

ソラチルサクハナ 薬屋探偵怪奇譚

Posted by ブクログ 2013年05月28日

薬屋探偵妖綺談シリーズから7年後。深山木薬店改の新店長・リベザルの元に、呪いのお札が持ち込まれる。
リベザル1人で依頼を解決することが出来るのか・・・

妖綺談シリーズを読み始めてから時間が立ち過ぎた・・。もう一回、さらっと、彼が登場した巻を読み直そうかな?

このレビューは参考になりましたか?

ソラチルサクハナ 薬屋探偵怪奇譚

Posted by ブクログ 2013年03月19日

前シリーズの最後でバラバラになった薬屋
リベザルは自分で店を継ぐことにして「深山木薬店改」の店長になった
それから7年

手探りで捜査を始めるリベザルだが次々と事件は起きていくのを止められない…

來多川と悠竒が御嘘感知装置で容疑者特定を図る
そこへやって来たピザ屋秋!

リベザルが長いと感じていた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

童話を失くした明時に 薬屋探偵怪奇譚

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年12月26日

祖父から貰った本が内容が変わっていく?

雰囲気探偵鬼鶫への依頼だったはずが不安に感じた助手の佐々が薬屋に依頼。

古書店の店主に秋のメモは読めたのか…。

「鬼か、貴様」「良い線行ってる」

このレビューは参考になりましたか?

天上の羊 砂糖菓子の迷児 薬屋探偵怪奇譚

Posted by ブクログ 2015年09月29日

前作「ソラチルサクハナ」は前シリーズの1巻「銀の檻を溶かして」を思い出させる雰囲気だったが、この巻も前シリーズの2巻「黄色い目をした猫の幸せ」をどことなく感じさせる話だったように思う。
個人的には、桐子と言波は、血が繋がらなくても家族を体現した、年を取っても仲の良い姉弟のままでいて欲しかった。

このレビューは参考になりましたか?

ソラチルサクハナ 薬屋探偵怪奇譚

Posted by ブクログ 2014年01月22日

講談社の薬屋シリーズ続編第一弾。
前シリーズ『薬屋探偵妖綺談』から7年後の薬屋。
一人になったリザベルが店主となり持ち込まれた呪いのお札に挑む。

いやホントに久しぶりで懐かしさの方が大きかった。7年の時の流れでリザベルが変わってしまったことに少し寂しさを覚えつつも、『パチン』でキタコレ感が凄かった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?