父と子と 眠太郎懺悔録(その七)
  • 最新刊

父と子と 眠太郎懺悔録(その七)

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

退魔師を統べる帝家と邪鬼を束ねる西の業界。共生関係を結ぶ動きに反発した幹部の裏切りで業界の新たな頭領となった黒鵡は明らかに敵対的となり、“柱神”と呼ばれる神クラスの邪鬼との正面衝突は避けられない情勢となった。そんな中、襲撃情報がリークされ、眠太郎は狸の硯治郎と転生した御嶽巴が待つ木霊寺に赴く。やがて襲い来たのは、かつての業界の女王の息子であり、その女王を殺害した張本人、狐の孔重丸と、巴を戦死させた蛇神貫禍、そして黒鵡の妻である畜兵琴理とその息子、鬼道介であった。御印破壊を狙う彼らと絶望的な戦いに挑む眠太郎たち。黒鵡と鬼道介、帝家当主である梅岩とその父、友源。父と子の哀しき想いが錯綜する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
マイカ
掲載誌・レーベル
マイカ文庫
電子版発売日
2017年08月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

父と子と 眠太郎懺悔録(その七) のユーザーレビュー

レビューがありません。

眠太郎懺悔録 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 邪鳥が啼く森 眠太郎懺悔録(その一)
    闇に巣くう邪鬼を退ける退魔師。体を邪鬼に喰われ、直後に別の邪鬼に寄生されて生き延びたミツトシは人外の力をいかんなく発揮していた。一方、鳥乃樹にある鎮守の森で神隠しが発生。相談を受けた梨絵は、内々に“処分”されてしまう可能性に気付く。“神殺し”のため、選りすぐりの退魔師――退治屋のミツトシに祓い屋の梨絵と狸の一族である木霊、魔除けアイテムを使う真由、そして呪いを一身に受ける人柱とな...
  • 冠木町二丁目事件簿 眠太郎懺悔録(その二)
    コンビニに行けば強盗に、夜道を歩けば通り魔に、スーパーに行けば万引きに。行くところ歩くところ、あり得ない頻度で事件に遭遇し『アンラッキーヒーロー』と自嘲する刑事コンビ、日凪と宮部。あるとき、『M関連』と記された怪しい書類に行き当たる。その特異体質、あるいは運命により出会った秘匿組織『M』のミンタロウは人間ではなかった。そしてまた、切り刻まれた死体に一滴の血も残っていない不可...
  • 北の国の黒い刺客 眠太郎懺悔録(その三)
    帝家の当主、梅岩の結婚式に出席した眠太郎たち。帰り道、微かな声が聞こえるが気にもとめない眠太郎。だが、それは最悪の災厄の序曲だった。次の日、葵を高校に連れて行くのが日課の眠太郎は、強力な遠隔の呪を受けて倒れてしまう。一方、葵は眠太郎を気にかけつつも、牧師に片思いするナオミに協力しようと教会に赴くが、そこに現れた牧師からは葵にしか感じられない悪臭を発していた。明らかに邪鬼に憑...
  • 初冬の狂想曲 眠太郎懺悔録(その四)
    帝家を地震が襲った。いや、強烈な悪意と破壊に満ちた邪悪な気が屋敷を揺らしたのだ。東の帝家に対し、西のカンパニーから送られた、十二柱に抜擢されたと宣う三名の刺客――百々目鬼の土留、犬神の魔胤、鎌鼬の頭領の子・斬児。腕試しを求められ、百戦錬磨の眠太郎が名乗りを上げるが、予想を遙かに超える強敵に苦戦を強いられる。一方、帝家に嫁いだ円の妹である葵とナオミ、そして香苗は高校生活を満喫し...
  • カンパニーカーニバル 眠太郎懺悔録(その五)
    眠太郎が属する退魔師集団・東の帝家に対し西の業界(カンパニー)では、国中の神々が集まる柱神祭が迫っていた。そのさなか、カンパニーを束ねる女王、青麗が何者かに襲われる事件が発生。女王は何とか難を免れるが、忠臣を殺され激怒する。一方、眠太郎は瘴気の刃を操る天才、斬児の元にリベンジに行こうとして帝梅岩に咎められ、カンパニーと共生関係を結ぼうと動く流れに向けて恩を売るため、百眼の末裔...
  • 大理石の壁 眠太郎懺悔録(その六)
    各話完結。邪神レベルの邪鬼をも統べる西の業界(カンパニー)。千年を生きた妖狐・青麗を倒し、新たな頭領となった畜兵・黒鵡は、鬼族の罠をやすやす突破し、妹ノエルを助けるが、どこか様子がおかしい。そして、東の帝家を訪れたひとりの少女。帝家の長、梅岩はノエルをかくまうが、そもそもそれほど強くない畜兵が柱神を務めることに疑問を抱く。ノエルを奪還しにきた邪鬼を迎え撃つ眠太郎たちだったが...
  • 父と子と 眠太郎懺悔録(その七)
    退魔師を統べる帝家と邪鬼を束ねる西の業界。共生関係を結ぶ動きに反発した幹部の裏切りで業界の新たな頭領となった黒鵡は明らかに敵対的となり、“柱神”と呼ばれる神クラスの邪鬼との正面衝突は避けられない情勢となった。そんな中、襲撃情報がリークされ、眠太郎は狸の硯治郎と転生した御嶽巴が待つ木霊寺に赴く。やがて襲い来たのは、かつての業界の女王の息子であり、その女王を殺害した張本人、狐の孔...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています