間抜けの構造

間抜けの構造

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

見渡せば世の中、間抜けな奴ばかり。どいつもこいつも、間が悪いったらありゃしない。“間”というものは厄介で、その正体は見えにくいし、コントロールするのも難しい。けれど、それを制した奴だけが、それぞれの世界で成功することができるんだよ――。芸人、映画監督として、これまでずっと“間”について考え格闘してきたビートたけしが、貴重な芸談に破天荒な人生論を交えて語る、この世で一番大事な“間”の話。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
188ページ
電子版発売日
2013年04月12日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

間抜けの構造 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月24日

    本書の内容は大きくわけて次の2つです。

    ・間抜けな人、すなわち"間(ま)"の悪い人たちの特徴やそれについて思うこと
    ・お笑い、スポーツ、映画、日常、人生などの、さまざまな場面における"間"のとらえ方

    冒頭では、昨今の日本で話題になった"間&qu...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月25日

    再読です。

    最近、自分自身も含めた失敗のパターンとして、
    時間や距離などの「間」の取り方が
    不適切なケースを散見しています。

    ・こいつ、タイミング悪いなぁ…
    ・今それ言う!?
    ・お前がそれ言う!?
    ・いや焦りすぎだろ、少し時間置けば良かったのに…

    こういうやつですね。
    「間違ってないけど今じゃ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月10日

    博識で多角的発想とユーモアのセンスが卓越している。たけしの著書は必ず生死観が語られている。そこが深見をさらに増していて読み応えがある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月16日

     ビートたけしが日本人特有の「間」について考察している。いつものたけし文体であっという間に読めるが、芸人としての実体験からわかるところとわからないところを明確に分けて書いているとことに好感を持った。

     ウケなかったときに「間」を修正しようとして修正できるところに才能があって、修正できないと表舞台か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月30日

    数学的アプローチで具現化していく明確な思考の一端に触れた 

    前から読みたいと思っていて、ようやく読めました。おもしろかった!

    間というテーマで書かれただけあり、たけしさんの文章のテンポ感が
    抜群ですね。
    とんとんとページをめくっていきたくなります。

    周囲の間抜けエピソードへの事欠かなさ、そして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月26日

    2012年発行の新書。
    『間』について。なるほどなぁ、と。

    お笑いの『間』って、音楽の『タメ』と感覚似てるよなって思ってたけど、間違ってはいないみたい。
    それはタイム感って意味。
    タイムの『間』はもちろん、空間の『間』、間隔の『間』…いろんな意味があるんだなぁ。

    「間があったほうが豊かになる」っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月27日

    普段あまり深く考えたことがない間について、漫才師や映画監督の視点から説明しており、妙に説得力があった。

    印象的だったのは、人間は一部の天才がいたから進化しているように錯覚している、人生は生まれたときと死の間であり、その間しかわからないと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月09日

    ・間に対する感覚は日本人独特のもの.しかし間を大事にするということは過剰に空気を読む文化でありイノベーションを妨げる.
    ・力の入れ方より,抜き方が大事.
    ・今の時代は“間”がなくなちゃってギスギスしている.“間”があった方が豊かになる.

    ちなみに私の苗字のも“間”がある.間を大切に生きたいね.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月13日

    久々にたけしさんの本を読みましたが、テレビやラジオでもおなじみの語り口がいいですね。読むというよりも話を聴いてる感じで、内容がスッと頭に入ってきます。
    本書はビートたけしが考える、あらゆる分野における「間」の話で、日常生活から漫才、落語、テレビ、スポーツ、映画と幅広い分野に触れられていて、どれも興味...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月24日

    [バカなこと言うんじゃないよ(笑)というテロップが出てきてひっくり返っちゃった。『(笑)』って、冷静に考えればおかしいだろ。相当間抜けだよ。笑うところかどうかもわからないやつのために、『ここは笑うところですよ』って教えてやっているつもりなのか。そうだとしたら余計なお世話だ。]本文引用
    (笑)の意味を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ビートたけし のこれもおすすめ