七人の主人公が織りなす、恋と空戦の物語!

四千もの島嶼が大瀑布を挟んで存在する「多島海」。
 ハイデラバード連合共同体、セントヴォルト帝国、秋津連邦、三つの大国が覇権を争うこの海を、七人の少年少女の操縦する大型飛空艇が親善飛行していた。
 その、「エリアドール飛空艇」に集ったのは――

 河南士官学校三回生、坂上清顕(さかがみ・きよあき)。
 河南士官学校三回生、ミオ・セイラ。
 箕士官学校四回生、紫かぐら。
 エアハント士官学校四回生、バルタザール・グリム。
 エアハント士官学校三回生、ライナ・ベック。
 エアハント士官学校三回生、イリア・クライシュミット。
 エアハント士官学校二回生、セシル・ハウアー。

 いずれも、その突出した才を認められた士官候補生たちだったが、「空の一族」の強襲を受け、名も知れぬ島への不時着を余儀なくされる。脱出のために協力する七人だったが――。

 2008年『とある飛空士への追憶』
 2009年~2011年『とある飛空士への恋歌』(全5巻)
 2011年『とある飛空士への夜想曲』(全2巻)
 そして、2012年『とある飛空士への誓約』。史上空前の規模でついに始動!!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2013年04月19日
紙の本の発売
2012年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • とある飛空士への誓約1
    通常版 1巻 669円(税込)
    七人の主人公が織りなす、恋と空戦の物語! 四千もの島嶼が大瀑布を挟んで存在する「多島海」。  ハイデラバード連合共同体、セントヴォルト帝国、秋津連邦、三つの大国が覇権を争うこの海を、七人の少年...
  • とある飛空士への誓約2
    通常版 2巻 637円(税込)
    疑心暗鬼が七人の友情を切り裂いてゆく。 ――空は、墓場だ。  ――わたしは人間ではない。戦闘機の一部だ。  かつて「空の王」と呼ばれた父、カルステン・クライシュミットの教え。  その言葉を胸に刻み、...
  • とある飛空士への誓約3
    通常版 3巻 669円(税込)
    アニメ化決定の「とある飛空士への恋歌」に続く大好評シリーズ! 『たとえ敵味方に分かれようと、我々は憎み合うことはない。友情は永遠だ』  澄み切った三月の青空へ、幾百の真っ白な帽子が投げ上げら...
  • とある飛空士への誓約4
    通常版 4巻 637円(税込)
    2014年1月からアニメ「恋歌」放送開始 「必ずきみを取り戻す」  エアハント士官学校を卒業した坂上清顕(さかがみ・きよあき)と、イリア・クライシュミットは、紫(むらさき)かぐらも所属するセン...
  • とある飛空士への誓約5
    通常版 5巻 648円(税込)
    エリアドールの七人、激動するその思い…… ウラノス王都・プレアデス。王位継承問題が、第一王子デミストリとニナ・ヴィエントの間で発生している中、ウルシラからニナ・ヴィエントと仲良くするよう命令さ...
  • とある飛空士への誓約6
    通常版 6巻 756円(税込)
    葛藤と煩悶……かつての仲間との一騎打ちへ。  敵対する三つの勢力に分かたれた「エリアドールの七人」は、あの誓約を胸にそれぞれの場所で頭角を現しつつあった。秋津連邦首都「箕郷」の防空任務についた...
  • とある飛空士への誓約7
    通常版 7巻 756円(税込)
    最終章、第三部「プレアデスの奇蹟」開幕。 「災厄の女王」――。戴冠から半年。ウラノスの新女王ニナ・ヴィエントは、地上国家に住まうものからそう呼ばれ恐れられていた。ウラノスの悲願「天地領有」を果...
  • とある飛空士への誓約8
    通常版 8巻 712円(税込)
    エリアドールの七人、再会を果たす――  国家の思惑により「エリアドールの七人」と呼ばれ若き英雄として祭り上げられた七人の士官候補生。しかし時代の狂熱は七人を異なる四つの勢力へちりぢりに引き裂く...
  • とある飛空士への誓約9
    通常版 9巻 810円(税込)
    飛空士シリーズ、ついに感動のフィナーレ!  ついに二千年来の悲願であった「天地領有」のために動き出すウラノス。一千隻を越えるウラノス飛空艦隊が西進を開始したなら多島海は滅亡するしかない。世界...

とある飛空士への誓約9

Posted by ブクログ 2017年03月25日

飛空士シリーズの大団円。
第一作の追憶から追いかけてきた身には、ああ、これで終わったんだなあ、というなんとも言えない感慨が湧いてくる。
もちろん、この巻は誓約の最終巻なので、物語の中心はあくまで誓約の立場からなのだけど。

本巻はプレアデス奇襲作戦の全貌。
最後を飾る空戦場面はさすがに気合が入ってい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とある飛空士への誓約8

Posted by ブクログ 2017年03月23日

ああ! かぐらさん!
まさか? うそだろ⁉︎
いろいろあった巻だけど、最後に全て持っていかれた気がする。

今巻は前巻活躍した清顕とイリアはちょっとお休みの回。
代わりに、バルタとセシル、ミオとクレア、そしてかぐらのそれぞれの場所での生き方が語られる。
イスラ艦隊との共闘でウラノスへの反抗を期すバル...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とある飛空士への誓約7

Posted by ブクログ 2017年03月20日

いやあ、もう、今回も最高だな。
これぞ長いシリーズを読んできたからこそ味わえる感動だ。

前巻で多島海戦争がセントヴォルトの勝利に大きく傾き、清顕とイリアは新たな路に進みだして、さて今巻ではどうなるのだろうと思っていたのだけど、いきなりセントヴォルトがウラノスに追い詰められているところから始まるとは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とある飛空士への誓約5

Posted by ブクログ 2017年03月12日

うわー泣いたー。
泣かされたー。
なんというすごい回。
まさかシリーズ折り返しのここで、こんなにも泣かさせられる展開が待っていたとは。
まさに神回だった。

前半はミオとニナの絡みで、プールでの水着姿や驚愕の(笑)アリー麺騒動などシリーズ愛読者にはクスリとさせられるちょっとほのぼのとした展開だった。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とある飛空士への誓約1

Posted by ブクログ 2017年02月02日

ああ、これはいい!
わくわくが止まらない!

「追憶」「恋歌」「夜想曲」と紡がれた『とある飛空士』シリーズの4作目。
また新たな『恋と空戦』の物語の始まりに、なんとも心躍った。

冒頭から亡国の王族の逃亡シーンがあり、それこそ追憶や恋歌を思い出して、実に飛空士シリーズらしい始まりだと思った。
そして...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とある飛空士への誓約9

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年10月02日

『追憶』から考えればあまりに長い物語になったせいか読み終わった瞬間の読後感はなかなかのものがあった。全17巻で毎回それなりの暑さが有ったことを考えるとはライトノベルとしては本当に重厚な物語になった。特に主人公陣が勢揃いした挿絵を見たときは心が震えたよ
十倍近い相手、次世代戦闘機を相手にすると聞いたと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とある飛空士への誓約8

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年09月01日

最終巻手前ということもあり、心震えるような展開ばかり!というか遂に海猫と魔犬の二人が本名で登場したよ!魔犬は彼の息子とはいえ、二人が並んで飛行するシーンを見た辺りで感無量に……。「吉岡武雄」という名前もなかなか来るものがある。

今回は空戦シーンは少なかったけど、その分かぐら含む秋津の展開がまたキツ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とある飛空士への誓約9

Posted by ブクログ 2016年04月01日

ガガガ文庫創刊年度からやってきた飛空士シリーズが完結ということで、本当にお疲れ様でしたー!
このシリーズに出会えたことにまずは感謝しよう。多少ご都合主義なところはあったけど、映画を観ているような感覚で堪能させて頂きました。
気になるキャラのその後やその他諸々はスピンオフで読みたいガガガ!

このレビューは参考になりましたか?

とある飛空士への誓約9

Posted by ブクログ 2016年02月17日

まずは8年間にわたり、クオリティを落とさずコンスタントに物語を紡ぎ、広げた大風呂敷をキレイにたたんで、シリーズ完結を成し遂げたことに敬意を表して、★5つ。

個人的にはもう少し切なさの残るラストを期待していたのだけど、これはこれでいい締めでした。
カルとクレアとアルバス一家のその後については、ちょっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とある飛空士への誓約9

Posted by ブクログ 2016年01月21日

終わってしまった!!!!( ༎ຶŎ༎ຶ )
もう本当、最後は大盤振る舞いの大団円!という感じで
もう確実にそうなるだろうってのはわかっていたけれど
それでも胸躍り
ハラハラし
ひとつひとつの感情を分け合ったような
そんな感覚で読み終えた

いつか見た遠い夏の日の鮮やかな青と白に
焦がれるように思いを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?