2030年9月16日午前6時19分。鹿鳴研究学園都市の郊外にある巨大な科学研究施設『ラボ』にて深刻な事故が発生する。救助に来たレスキュー隊の隊長・笠鷺渡瀬は、現場で気を失い、目覚めた時には記憶を失くしていた。しかもセキュリティシステムの誤作動で、断続的な爆発の続く施設内に閉じ込められてしまう。仲間との再会、襲い来る火の手、そして謎の惨殺死体……。極限状況の中で、壮大な人間ドラマがいま幕を開ける!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社BOX
ページ数
308ページ
電子版発売日
2013年03月15日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ルートダブル - Before Crime * After Days - √Double

Posted by ブクログ 2013年04月06日

視点『私』の予想は外れたけど、助けてくれる声については原作の方が良かったなと。Nが改竄する時の花の香りの件やユーリと夏彦が逃がした犬を恵那が飼ってた事、最後のサリュの夏彦への告白が削られてるのが残念。

このレビューは参考になりましたか?

ルートダブル - Before Crime * After Days - √Current

Posted by ブクログ 2013年02月17日

ようやく本当に合流した二人の主人公。殺人、テロ、ユウリ、みんなが悪意に満ちて殺意を持ち始めた理由など謎が解き明かされる。

このレビューは参考になりましたか?

ルートダブル - Before Crime * After Days - √Before

Posted by ブクログ 2013年02月17日

火災が起こる前の話。火災はテロだったためにそれを事前に止めようと動いた主人公達。止められずテロは起こってしまい閉鎖空間にテロ達と共に閉じ込められる。afterのネタバレあり。

このレビューは参考になりましたか?

ルートダブル - Before Crime * After Days - √After

Posted by ブクログ 2013年02月17日

核施設が火災になり、閉じ込められた人達を救出に行ったレスキュー隊主人公は一人気が付くと記憶を失っていた。核を外に出さないため防火扉に封鎖されて閉じ込められ、仲間と救助者と共に放射汚染から身を守る薬を射ちながら出口や発見出来ていない救助者を記憶がないまま探すが、薬の数が尽きていき、進む内に他殺体も発見...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ルートダブル - Before Crime * After Days - √Double

Posted by ブクログ 2015年03月12日

”ルートダブル - Before Crime * After Days √Double ”月島総記著 講談社BOX(2013/04発売)

・・・2030年9月16日午前6時19分。研究学園都市・鹿鳴市郊外にそそり立つ巨大施設、原子力生物学機構・通称『ラボ』にて、深刻な事故が発生する。記憶を失くした...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?