夏の体温

夏の体温

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「出会い」がもたらす「奇跡」を描いた全3篇

■「夏の体温」
2002年刊行、瀬尾さんのデビュー作『卵の緒』で描かれたのは、小学生男子の視点で綴った「親子の絆」。それから、およそ20年を経て生み出されたのは、同じく小学生男子の瑞々しい「友情」物語です。瀬尾さんご自身も「久しぶりに小学生の物語を書きました。子どもがいる空間は生き生きしていて、書いている間、とても楽しかったです」とコメントしている思い入れのある表題作です。

<あらすじ>
夏休み、小学3年生の瑛介は血小板数値の経過観察で1ヶ月以上入院している。退屈な毎日に、どうしたっていらいらはつのる。そんなある日、「俺、田波壮太。3年。チビだけど、9歳」と陽気にあいさつする同学年の男子が病院にやって来た。低身長のための検査入院らしい。遊びの天才でもある壮太と一緒に過ごすのは、とても楽しい。でも2人でいられるのは、あと少しだ──。

■ 「魅惑の極悪人ファイル」
「物語に悪い人がほとんど出てこない」ことがよく知られている瀬尾さんの作品に、どんな悪人が、どのように登場するのでしょうか。瀬尾さんならではの「極悪人」をお楽しみください。

<あらすじ>
容姿にコンプレックスを抱く、内向的な大学生の早智。だが大学1年生の時に発表した小説が文学賞を受賞し、にわかに注目を集める。そして3作目。執筆に苦戦し、それまでの作風とは異なった「悪人」を主人公にした小説に挑む。そのモデルに選んだのが、腹黒いと周りから言われている男子学生、倉橋だった。早智が取材を進めてゆくと……。

■ 「花曇りの向こう」
中学1年生の国語教科書に掲載された掌編。
この度、単行本初収録作品となります。
装画を手がけた人気漫画家・イラストレーター、カシワイさんの描き下ろし挿絵付きです。
まるで教科書のように、文章と挿絵をあわせて堪能していただけるかと思います。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
双葉社
電子版発売日
2022年03月17日
紙の本の発売
2022年03月
サイズ(目安)
5MB

夏の体温 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年06月11日

    夏の体温
    病院で生まれた、二人の少年のまたとない友情。欠落、不安を抱えた二人の出会いと交歓に何度も鳥肌が立つ。

    魅惑の極悪人ファイル
    最後の「残念ながら、二十歳の私に見える世界はあまりにもまぶしい。」の結びに震えた。人間が変わる瞬間を見てしまった。

    花曇りの向こう
    始まる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月06日

    いろんな夏の過ごし方があるけれど、
    日常の中での人間のちょっとした温かい部分を切り取っているようで、読み終わったあとホッとする自分がいました。
    瀬尾まいこさんの本はどれも好きです、他の本も読んでみようと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月24日

    やっぱり瀬尾まいこさんの書く話は良い。冒頭を読んだときは「何・・・?」と思った「魅惑の極悪人ファイル」が特に好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月10日

    3話ともどれも好きだなぁ。
    瀬尾まい子さんのお話はいつも心をほっこりさせてくれる。

    せっかくできた大好きな友達はすぐに退院してしまう。長く入院している僕の寂しさ、先が見えない不安。  
    だけど友達にも悩みはあって。
    背が小さくても高くてもきみが大好きなんだ
    そのままのきみがいいんだって気持ちがよく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月19日

    さらっと読める一冊


    やっぱり瀬尾さんの話はいい

    心が温かくなる
    なんだか前向きになる


    3つの短編からなる作品
    最後の1編はとても短く
    ほぼ2編の作品という感じ


    一つ目の夏の体温は
    小児病棟での話。


    病気を抱える子供の話というと
    暗くなりがちだが
    どこか温かみのある
    爽やかな作品だっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月17日

    夏の体温は小児科の病棟で血小板が少なくて長期入院している主人公と、低身長で検査入院しにきた壮太の一夏の友情物語。壮太がほんとに小3とは思えないくらい人間できてる。ちょっと後半うるうるする。
    魅惑の極悪人ファイルは会話の応酬が面白い。クスッとしてしまうのだが、結末があれ…?という感じ。
    花曇りの向こう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月21日

    嫌な人が出てこなくて感情が穏やかなまま読める。

    病気の不安や自由になれない苛立ちがあっても友達が明るくていい奴なら心が豊かになる。
    ストブラと紹介された嫌な奴は嫌な奴じゃないし、本の取材だったのに嫌な奴の話は聞けなかったが友達ができたのは大きな収穫だな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月20日

    瀬尾まいこ先生の作品は構えずに安心して読める。瑛介と壮太は病気にもめげず、友情を育む。子供の心の機微、可能性、瑞々しさを一人称で描き、爽やかな読後感。他二篇もほっこりした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月17日

    ここ数年(「その扉を叩く音」「夜明けのすべて」など、、)、瀬尾さんの作品に共通しているテーマを今回も本書から受取りさせて頂いた印象です。

    それは、心に何らかの問題を抱えた主人公(登場人物)が、ともすればネガティブで塞ぎ込んでしまいがちな状況に対し、周囲とのコミュニケーションや、人とお互いに認め合う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月14日

    光村国語Ⅰ「花曇りの向こう」含む3つの短編集。
    「夏の体温」血小板が少ない瑛介小三、検査含め、もう1ヶ月と10日ほど入院している。彼の心情が語られるのと、その病棟に良く来る、幼稚園児が殆どの低身長の検査入院者(3日)との関わり。そして同じ学年の男子が検査入院して、終わって出て行くまでが語られる。この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング