これで暮らす

これで暮らす

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

若い人に比べて残りの時間は明らかに少ないのに、
時間がかかることが楽しくなってきたなんて、
不思議なものだと自分でも首を傾げているのである。


御飯は小鍋で炊く、靴下を編む、
万年筆で文字を書く、花のある生活を送るなど、
毎日を豊かにするヒントが詰まったライフスタイルエッセイ!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2021年02月19日
紙の本の発売
2021年02月
サイズ(目安)
5MB

これで暮らす のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月05日

    歳を取ると、体調も考え方も外見も徐々に変わっていく。それはマイナスなことではなく、自然界を支配している法則に己を委ねる出来事なんだと、本を読んで感じました。
    肌の乾燥や好きだった色が似合わなくなることは切ないですが、帳尻を合わせるような変化も連動しているはず。余分な脂分とおさらばできたり、苦手な色も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月30日

    小鍋やストーブでご飯を炊いたり

    季節の便せんをそろえて 

    万年筆で手紙を書く

    プラスチック製品を出来るだけ排除し

    麻の寝具や 縮のパジャマを愛用



    まるで昭和初期の

    品のいい暮らしを見ているようで

    ちょっとびっくりしつつも

    いいなぁ と思う
    快適さと 好みにこだわってますが

    高級...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月19日

    群ようこさんのエッセイは、大好きで、いままでたくさん読んできた。 テレビをつけても、コロナの事ばかりで、気持ちが、落ち込む毎日だが、この本を読んでいる間、群さんと、老ねこのほっこりする日常に癒やされた。 花を飾るの章でお母様が亡くなられた事を知った。いままで、ずいぶん、エッセイに登場されたので、私自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月30日

    群ようこさんは、快適生活のためにはお金を惜しまないんだった…と久々に群さんのエッセイを読んで思い出した。値段ではなく、自分の生活にフィットするかによって購入基準を定めているようだ。そうありたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月21日

    今回のエッセイは群さんの愛用品の紹介が多く、商品名が明記されているので、思わず自分でも使ってみたいので買いたいなぁ、と購買意欲が沸く内容でした。手間をかける事や今まで興味が無かったモノなど。自分の身の回りを再度見返すと豊かに暮らせるヒントがあるのでは、と。そう思わせる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月30日

    とにかく表紙がかわいい。そして紙の質が良い。
    歳を重ねてこだわりとゆとりのある生活がいいなあと思った。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    う~ん・・・
    面白いんだけど、もう知っている話も多かったな~という感じ。
    "マフラーの彼"は、なんともお気の毒だなと思ってしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川書店単行本 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング