アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿

アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

駆け出しの貧乏ライター湾沢陸男――この男の行くところに、奇っ怪な事件あり。癖の強すぎるスタッフが集うウェブマガジン『アウターQ』。エンタメサイトのはずなのに引き寄せてしまう、ホンモノを……。『笑う露死獣』『歌うハンバーガー』『飛ぶストーカーと叫ぶアイドル』ほか、七編を収録。すべての記事が繋がるその瞬間、突き落とされる世界とは? ホラー界の俊英が描く、あなたのヨミを必ず裏切る新感覚ミステリー!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
祥伝社
電子版発売日
2020年11月06日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
4MB

アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月02日

    自分の正義が、他方から見ると別の正義がある?
    そもそも勘違い?

    自分が信じてる事、それがもし間違えていたら?
    発信する怖さを感じました。

    物事には表裏がある。自分側ばかり見ないで、あらゆる角度、想定に思いを馳せて生きる術を身につけようと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月09日

    弱小Webマガジン、アウターQのライターが、数々の事件を体あたり取材するお話。

    短編集だけれど、全体でひとつの話としてまとまっていました。

    あそこでアレだからああなった井出さん
    主人公の湾沢くん
    不思議なアーティスト羽山さん

    そして酔っ払いの地底アイドル練馬ねり

    他の登場人物たちも、みんな魅...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月20日

    駆け出しの貧乏ライター湾沢陸男――
    この男の行くところに、
    奇っ怪な事件あり。

    癖の強すぎるスタッフが集うウェブマガジン『アウターQ』。エンタメサイトのはずなのに引き寄せてしまう、ホンモノを……。

    ホラー連作短編集。
    なんか新しい切り口で来たぞ?なかなか面白いぞ?とワクワク読んでたら、ちゃんとオ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月04日

    短編連作集です。面白いけど、非常に怖いテーマだなぁと思いました。悪気がなくても傷つけることが往々にしてあることを実感するってとても平静でいられないと思います。
    書き下ろしの最後の2篇で一気に伏線回収しているというか、出ている要素をすべて繋げてキレイにまとめていました。
    探偵役になるのは意外な人物でし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月26日

     Webマガジンライターが主役の短編連作ミステリ。
     さすがの怖さと後味の悪さ。ホラーを読んでいるときはミステリ風味を感じ、ミステリを読んでホラーを感じるという……。
     関係ないけれど、アウターQのモデルってデイリーポータルなんですかね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月05日

    澤村伊智さんの作品にハズレなし。
    ねりちゃんが良い!
    そしてラストで明かされるビックリな真相。
    よくそんな長い間…アレをアレしてソウしたもんだなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月14日

    webマガジンのライターにまつわるミステリ-、あるいはちょっと奇妙な話。
    うーん、見事。
    こういう連作大好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月27日

    最後のつながりはちょっとだけ「作った」感があるのだけど、全体的に一つ一つの話は面白かった。
    結局雫は事故なのか殺されたのか?
    デマって怖いし、別に意図してデマを流したわけではないのに、それに翻弄されて周りも関係ないのに煽っちゃうその流れも怖い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月06日

    [衝撃のラストの被害者がまた一人]

    ちょっとおまけの3点。
    最後の章でのどんでん返し!がけっこう無理矢理な感じ。犯人の目的はわかるが、なんでそんな面倒な方法をとるのか理解出来なかった。もっと簡単なやり方あるよ!
    練馬ねりは素敵なキャラだと思うので、また会える事を期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月29日

    06月-31。3.0点。
    ネットマガジンの執筆者が主人公、連作短編。少しのオカルト要素がある。
    大学時代からの先輩にお世話になりながら、取材し執筆。

    先輩とは花火大会での、将棋倒し事故で出会った。
    まあまあの感じだった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング