【増補改訂版】コンゴ共和国 マルミミゾウとホタルの行き交う森から

【増補改訂版】コンゴ共和国 マルミミゾウとホタルの行き交う森から

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

中部アフリカのコンゴ共和国で、いま何が起きているのか——。自然との共生の道を探る。

中部アフリカのコンゴ共和国で、いま何が起きているのか——。熱帯林に生息するゾウやゴリラなどの生態調査、環境保全に携わる中での内戦や森林伐採業との対峙、貨幣経済の浸透が先住民に与える影響など現場のリアルを伝える。今回増補改訂版で、ゲリラ豪雨やエボラ出血熱など最近世界を揺るがせている問題とコンゴ共和国との関係を浮き彫りにする新章が加わった。京都大学総長・山極壽一氏推薦。

【目次】
プロローグ

1.熱帯林とゴリラとの出会い
2.虫さん、こんにちは
3.森の中で生きるということ
4.熱帯林養成ギプス、内戦、そして保全業へ
5.新たな旅立ち〜森から海へ
6.森の先住民の行く末
7.人類の自然界利用と保全(その1)〜ブッシュミート、森林伐採、象牙
8.人類の自然界利用と保全(その2)〜海洋地域での漁業と石油採掘
9.人類の自然界利用と保全(その3)〜日本人との深い関わり
10.日本における保全に関する教育とメディア
11.ぼくの生き方〜自分に強く関わること同士のつながり
12.さらに隠蔽される“真実”

エピローグ

あとがき〜増補改訂版に向けて

【著者】
西原智昭
1989年から30年以上、コンゴ共和国やガボンなどアフリカ中央部熱帯林地域にて、野生生物の研究調査、国立公園管理、熱帯林・生物多様性保全に従事。国際保全NGOであるWCS(Wildlife Conservation Society;ニューヨークに本部があり)の自然環境保全研究員。NPO法人アフリカ日本協議会・理事。京都大学理学部人類進化論研究室出身、人類学専攻、理学博士。現在、星槎大学共生科学部特任教授。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
(株)現代書館
電子版発売日
2020年10月09日
サイズ(目安)
8MB

【増補改訂版】コンゴ共和国 マルミミゾウとホタルの行き交う森から のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング