SIGNAL シグナル

SIGNAL シグナル

作者名 :
通常価格 1,870円 (1,700円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

奴ら、地球の存在を知っていたんだ――。

電波天文台が奇妙な信号を捉えた。
調査の結果、三百万光年離れたM33さんかく座銀河からの人工的電波だとわかり、人類史上初めて地球外知的生命が確認されることとなった。
中学二年の芦川翔は、この人類史上最大の発見に大興奮するが、周囲の友人は冷めていた。
誰かと感動を分かち合いたい芦川は、高等部の先輩で天文学者を母に持つ男子生徒・朱鷺丘昴の存在を知る。
先輩なら、当然この大発見の意味も僕以上に理解しているはずだと確信し、朱鷺丘先輩に話しかけようと試みるが、先輩は極端に無口で滅多に人と交わらない変人だった……。
一方、宇宙から謎の信号を直接感知する人々が現れる。呼び集められた彼らは、ある実験を試みる……。
十七年後、研究者となった朱鷺丘が、シグナルの解析に成功する。
電波を発するようになって百年余りの人類に向けて、宇宙の彼方からシグナルを送り続ける「彼ら」の目的とは? 
「彼ら」は地球にやってくるのか? 果たして人類の運命は――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2020年10月01日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
4MB

SIGNAL シグナル のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月12日

    宇宙の彼方から奇妙な信号をキャッチする。それは遥か300万光年先のM33さんかく座銀河からの人工的な電波だった。史上初の地球外知的生命(ETI)の発見は中学二年の芦川翔を歓喜させ、高等部で天文学者を母に持つ朱鷺丘昴先輩の存在を知り話しかけるが、朱鷺丘先輩は無口で人と交流を嫌う人物だった。
    一方で同時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月18日

    山田宗樹さんの新刊SF小説。電波天文台が300万光年離れたM33さんかく座銀河からの人工的電波を捉えて、人類史上初めての地球外生命体が確認される。中国の大ヒット小説『三体』っぽい雰囲気ありつつ、好奇心旺盛な中学二年生の主人公と、変人で天才の高等部の先輩+ピンチになったら助けてくれるイケメン先輩による...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月11日

    宇宙からの信号が観測されたことで幕を開けるSF。序盤こそ謎の登場人物が出てくるのだが、何か驚愕の真相や展開が控えているというわけではなく意外なほど古典的なストーリー。朱鷺丘先輩のミステリアスなキャラクターが割とあっさりほぐれてしまう点も含めて人によっては物足りなく感じるかも。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています