日本のIT産業が中国に盗まれている

日本のIT産業が中国に盗まれている

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2018・12・1--ファーウェイ創業者の娘・孟晩舟がカナダで逮捕---それを聞いた著者・深田は「やっと、この日が来た!」と、思わず体が震えたという。
というのも、彼女は8年前にファーウェイから、散々な目に遭遇していたからだ。その体験手記「ファーウェイとの八年戦争」を「ウイル」(2018年2月号)に発表。
本書は、さらにファーウェイをはじめとする中国企業の世界に張りめぐらされたスパイ網を暴き、ITへの無知が国を滅ぼす現状に警告をならすノンフィクション大作。
---中国のやっているのは技術移転ではない。中国は技術泥棒国家だ!日本にはスパイ防止法がない、いまや中国の技術盗掘の草刈り場だ。トランプの対中貿易戦争開始でハイテク技術を米国から盗めなくなった中国。これからの標的は日本だ。

私がこの目で見たこと、調査した結果を語ると、決まって「そんな話、聞いたことがない」と驚かれることに逆に驚かされてきた。IT、半導体産業に従事する人々は何も気が付いていないか、自社企業に浸透した台湾・中国からの報復を恐れて誰も何も語ろうとしない。中国は、インテルの社長ですら辞任へと追い込む政治力を持っている。自分のような未熟な若手がおこがましいと思いつつ、自分が語らなければ、業界人が人生を懸けて彼らを告発することはないだろう---著者の言葉。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
ワック
電子版発売日
2019年01月29日
紙の本の発売
2019年01月
サイズ(目安)
2MB

日本のIT産業が中国に盗まれている のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年09月06日

    日本の情報に関するセキュリティは脆弱過ぎるというか、全く素人レベルに呆れてしまう!
    国会議員よ税金使ってるんだったらしっかりしてくれと言いたい。まずはスパイ防止法からだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月28日

    昔、株アイドルやってた人が、名前を聞かなくなって十年。
    何をやってるかと思っていたら、会社を立ち上げたは良いものの技術を盗まれたとか預金を没収されたとかいう話をネットで見かけたのが数年前。
    自身の告発ブログも消えたりサイト攻撃にあったりとかで、逆に某国のヤバさを知るわけですが、ファーウェイの事件でよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月14日

    色々なことを経験されて、そしてよく調べていらっしゃいます。
    とても参考になる本で、多くの方々に読んでいただきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月12日

    日本のアホさ加減がひしひしと伝わる。どれだけ甘いのか怖くなる。前から思っていたことが詳しく書かれてるけど真実はもっと酷いのではないかな。
    よくこう言う話は何でも陰謀みたいな人がいるけどいい加減考えたほうがいいね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月17日

    読み物としても面白いのですぐに読めますが…
    真偽のほどはなんとも素人には判断できない…
    でも東芝、シャープ等の問題を点から線につなげて考えていけるので納得感はある。

    ファーウェイ携帯使用しているのでなんとも複雑ですがw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月09日

    少し前にも話題になった、アメリカでファーウェイの機器を使用禁止にする話もありましたが、その理由とされている事が、この書籍でもわかる事が出来ます。日常生活に於いて気付かない事は多々あれど、少しでもリスクを減らすには個々が注意する事と、そのような情報を少しでも知る事。著書を読むにつれ、中国と言う国が思う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月27日

    タイトルからIT産業と自分は関係ないから縁のない本だと思っているかもしれませんが、敵はそこをついてきてるのですよ。

    もはやなくては生きていけなくなってしまったITが中国に盗まれているということはどういうことなのか、著者自身の生々しい体験とともに語られている。
    そう、これは「事実に基づくフィクシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月25日

    個々の事象のどこまでホンマか、全く検証のしようがないんだが。
    シナがマジで長期戦で勝ちに行ってるところに、うちの国のお人好しさと脇の甘さはなんだ。

    親日国家の台湾まで、シナの手先。
    つか、国家として認められたないからこそ、やりたい放題。

    なんだろう。
    この危機意識の薄さは、やっぱり九条の問題じゃ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    もう戦争は始まっている

    mac 2019年02月24日

    一部ご紹介します。
    ・民間人を巻き込んだ諜報活動を行っている中国企業のファーウェイとZTEの製品を使えば、情報は中国政府に筒抜けだ。
    ・中国企業の技術泥棒により、日本のエレクトロニクス・メーカーは研究開発費を回収出来なくなった。日本の家電メーカーが斜陽産業になった原因だ。
    ・メガバンクのサーバ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング