勝つ!卓球 シェークハンドの戦い方 最強のコツ50
  • 完結

勝つ!卓球 シェークハンドの戦い方 最強のコツ50

作者名 :
通常価格 1,620円 (税込)
紙の本 [参考] 1,695円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

★ 強みを極めて試合を制する!

★ トップ選手も実践する、シェークスタイルの必勝法!

★ シングルス&ダブルスの両方で活きる!

★ この一冊でマスターしよう!!
* 相手を翻弄する多彩なストローク
* レシーブを強化する回転とキレ
* 戦型の攻め方の上達法


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

現代の卓球で使用されているラケットは、シェークハンドが主流を占めています。

世界のトップ選手でペンホルダーを使っているのは、ほんの一部に過ぎません。
日本国内に至っては、水谷隼選手や張本智和選手、石川佳純選手や伊藤美誠選手、平野美宇選手など、男女を問わず、トップ選手のほとんどがシェークハンドを使用しています。

また、そうした選手に憧れる中高生はもちろん、新たに卓球を始めようとする子どもたちも、多くがシェークハンドから入っていくのが一般的です。
今後、シェークハンドの普及率はますます増えていくことが予想されます。
その傾向の要因となっている第一の理由は、かつて主流だったペンホルダーよりもシンプルな操作性にあると考えます。

本書では、シェークハンドに特化し、とくにドライブ型や前陣速攻型のプレイヤーの上達を目指すことをコンセプトとしています。
PART1でシェークハンドの基礎知識を述べた後、PART2以降で具体的な技術の方法やポイントの解説、代表的な戦術の紹介をしています。

卓球自体は100年以上の歴史を持つ競技ですが、シェークハンドに限れば、まだまだ発展途上の面もあります。
近年になって開発されたシェークハンド特有のテクニック「チキータ」は、その象徴と言えるでしょう。

卓球は台の向こうに対峙する相手との戦いである一方、自身のテクニックを磨くことで着実にレベルアップできる競技でもあります。
本書が皆さんの活躍や充実した「卓球ライフ」のお役に立てれば幸いです。

明治大学卓球部
監督 高山幸信


◆◇◆ 本書について ◆◇◆

本書では、卓球のシェークハンドをマスターするためのコツを50紹介しています。
ラケットの握り方や基本打法、ラリーなどの台上技術、サービスの出し方、戦型と戦術の考え方まで様々な知識やポイントを掲載し、着実にレベルアップできる内容になっています。

各ページには、テクニックを習得するためのコツとポイントが写真を使いわかりやすく記載されているので、シェークハンド上達に必要な知識や技術がステップを踏みながら理解できます。
自分の得意なところや興味のある分野、あるいは苦手なテクニックなど注目したい項目は注意深くチェックしてみましょう。


◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆PART1 シェークハンドの特徴
*コツ01 「シェークハンド主流」の理由を理解すす
*コツ02  操作性を生かしてラリーで上回る
・・・全9項目
*Column 上回転と下回転

☆PART2 シェークハンドの基本打法
*コツ10 ストロークを軸にラリーを組み立てる
*コツ11 重心移動から頂点近くでインパクトする
・・・など全8項目
*Column 横回転

☆PART3 シェークハンドの台上技術
*コツ16 台上を制してラリーを優位に運ぶ
*コツ17 ボールの下部を切るように押し出す
・・・など全15項目

☆PART4 シェークハンドのサービス
*コツ24 的を絞らせないサービスで主導権を握る
* 足の長いサービスで相手の意表を突く
・・・など全14項目

☆PART5 シェークハンドを生かした戦術をマスターする
*コツ38 攻撃的な戦術からポイントを奪う
*コツ39 相手のツッツキを回り込んで攻める
・・・など全13項目

ジャンル
出版社
メイツ出版
電子版発売日
2018年05月10日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play