デートクレンジング

デートクレンジング

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

喫茶店で働く佐知子には、アイドルグループ「デートクレンジング」のマネージャーをする実花という親友がいる。ある事件がきっかけで十年間、全てを捧げてきたグループが解散に追い込まれ、実花は突然何かに追い立てられるように〈婚活〉を始める。初めて親友がさらけ出した脆さを前に、佐知子は大切なことを告げられずにいて……。自分らしく生きたいと願う全女性にエールを贈る書下ろし最新作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
祥伝社
電子版発売日
2018年04月10日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

書店員のおすすめ

男に媚びない、というポリシーで活動してきた5人組女子アイドルグループ「デートクレンジング」。
彼女たちが解散した後、その女性マネージャー・実花が婚活にチャレンジする様子を、親友の既婚者・佐知子の目線から描いたストーリー。

結婚に対する社会的な風潮への疑問視が、きれいごとではなく自然な流れで描かれていて安心しました。
特に、ジェンダー的な目線でアイドルを運営してたことを誇りに思っていた実花が、婚活市場では男ウケを狙わないといけないというジレンマに翻弄されていく場面は本当に胸が痛くなりました。
そして同じように、「独身の女性と、先に結婚してしまった女性の友情は本当に続くのか」というテーマも、身近に感じている悩みだったので、登場人物たちの一緒に悩むことができて、救われた気持ちになりました。

そして、作中に登場するアイドルたちのその後の人生も素敵です。
アイドルのファンである著者だからこそ描ける、祈りのような理想に、しみじみと感動しました。

何かを必死で応援したことがある、悩める女性たちに読んでほしい一冊です。

デートクレンジング のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月05日

    デートの呪いをぶっつぶすかぁ。

    適齢期になったら結婚して子どもを産むことが女の幸せ。
    その枠組みから外れている人は何か欠陥がある。
    周りだけじゃなく本人も、その考えに縛られてるのが現実。
    独身だって素敵で楽しく暮らしている人も沢山いるのは分かっていても、やっぱり私もそう思ってしまう。
    一人なんて寂...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月30日

    好きなイラストレーターさんの装丁だったので購入。

    厳しいレビューが多いけど、私は好きです。
    女の呪いって最近よく聞くし、それを打破する系の作品もよく目にするけど、極端なものが多くって、私には現実的ではなかった。けど、この作品はとてもリアルなような気がして。登場人物たちがもつ、ウザさや不安定さが、と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月29日

    私にとってドンピシャなテーマだったので色々考えながら、少し辛い気持ちを抱きながら読み進めました。
    そうか、この違和感は大きな差別だったのか。
    だけど実花の気持ちは痛いほど分かってしまう。私は、婚活という「掴みどころのない努力」をする戦場へ足を踏み入れる勇気も気力も精神力も無くて行動には移していない。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月21日

    アラフォー女性の人生、生き方についての葛藤を描いた小説。
    デートクレンジングの由来から、なんとなくSATCの呪縛のようなのを感じた。

    アイドルをモチーフにした小説って珍しいので、
    女アイドル好き(ももクロ赤推し)としては、みかのアイドル観なんかはけっこう楽しく読めた。
    解散したアイドルグループ「デ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月08日

    レビュー読んでると、割と評価は高くないですが。
    私は好きです、この作品。

    誰だってワガママだし、
    自己中心的だし、
    見返りは求めるし、
    相手に理想を押し付けたりする。

    GWに中学の同級生に会って、
    みんな既婚の子持ちで、
    私だけ独身だったけど、
    やっぱりなんか色んな見えない圧力感じたもの。
    みん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月18日

    面白かった。環境が変わって友達との関係も変化していく…年頃の女子なら誰だって経験することなのかなと思う。そのあたりの描写がすごく親近感があった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月07日

    まさかのドルオタ小説!?って思ったけど、それだけじゃなくてよかったww
    華やかな世界にいても、平凡な日常でも、女の子たちにはまだまだたくさんの可能性が
    あって、夢も悩みも尽きないみたいw

    きっと、現状に満足しちゃうのがオバサンなのかなっ?www

    頑張れ、頑張れ! そして、自分だけのキラキラを見つ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月14日

     2019年に最初に読んだ本。今年の読書初めがこの本で良かった。

     女性に産まれ、デートの予定もないなんて恥ずかしい。そんな「デートの呪いなんて吹き飛ばせ」という気持ちを込めたデートクレンジングというアイドルを軸にした群像劇。
     弱さを持つ人たちへの(つまり人類すべての)優しい眼差しが愛しい。
     ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月07日

    何かを持つ人と持たない人が共存できないなら、この社会に自分の居場所はない。
    羨ましいと素直に口にできないと、それは恨みや妬みに変化して最終的には自分を傷つける。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月05日

    このひとの、少しずつ引き摺り込まれていくような沼みたいなものがクセになる。
    必ずあるわけではないけれど、確かに存在する、女性同士の友情に生じる濁り。
    自分も友人も、時を経て変わっていくもの。
    重要な友情関係で、伝えるか伝えないか、悩みどころ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています